記事一覧

統合失調症患者の三つの特性


linseed-514895_960_720.jpg


『食事で治す心の病〈Part2〉』

大沢 博 (著)を読みました。









【 統合失調症患者の三つの特性 】P116~




本書では、

イギリスの医学者

デビッド・ホロビン

『天才と分裂病の進化論』(新潮社2002年)

の研究が紹介されていました。




ホロビンによると、

統合失調症患者には

三つの特性があるといいます。






その特性とは・・・










1、めったに関節炎にかからない。


2、あまり痛みを感じない。


3、病気で熱が出ると、精神症状が緩和する。






というものでした。










【 なぜ、痛みを感じにくいのか? 】P118~





統合失調症の患者さんは、

なぜ、関節炎になりにくかったり

痛みを感じにくかったりする

傾向があるのか?











エエ?

ナンデナンダロ?

(=゜ρ゜=)














この現象には・・・



アラキドン酸

というものが関係

しているようです。









アラキドン酸は、細胞膜のリン脂質

に含まれている不飽和脂肪酸で、

脳神経細胞がすべての情報に

正常に反応するには、


このアラキドン酸が、

リン脂質から遊離しなければ

ならない
そうです。






痛みに反応するためには、

このアラキドン酸の遊離が必要ですが

統合失調症の患者さんは、

このアラキドン酸の遊離が

行われていない
から、

関節炎にかからなかったり

痛みを感じにくかったりする

のではないかと

考えられています。










【 なぜ、発熱すると、症状が改善されるのか? 】




なぜ、発熱すると、

統合失調症の症状が改善するのか?





その答えは、とても簡単です( ^ω^; )





アラキドン酸を遊離させる

最も強力な刺激は


高熱

だからです。(P119)



統合失調症の患者さんは、

常時アラキドン酸遊離の

経路に問題があるので

発熱でアラキドン酸遊離

が刺激されることにより、

正常な状態を作り出す


助けとなっていると

考えられています。









【 必須脂肪酸による治療 】P120~





本書では、統合失調症の治療には

適正量の必須脂肪酸が有効

と書いてありました。(P120)






ビタミンB3を主にしての

治療法を研究してこられた

ホッファー博士も、

最近はビタミンやミネラルに加えて、

亜麻仁油魚油

与えるようになっているそうです。





必須脂肪酸による治療法に

興味のある方は、

本書か、本書で紹介

されている書籍を

じっくりとお読みに

なって下さいね(^^)









【 感想のまとめ 】





私が統合失調症の

アドレナクロム仮説を知ったのは

この本のおかげです。



本書では、統合失調症の

有益な治療法の研究が

網羅されています。



ですので、統合失調症の

治療法について

詳しく知りたい方は

本書をよく読まれて

その概要をつかまれた上で

もっと詳しく知りたい方は

本書で紹介されている

書籍を直接読まれると

いいでしょう。





本書で紹介されている書籍を

直接読んでみると、難解な

ことがあり、そんな時に

本書に戻って、

あらためて読んでみると、

本書がいかに各研究の要点を

わかりやすくまとめられて

いるかがよくわかります。



統合失調症の治療法を

真剣に求めていらっしゃる方にとって、

本書は、統合失調症研究の

ハブ空港的存在
になるでしょう。






統合失調症の患者さん、

そして、そのご家族の方、

そして・・・


統合失調症の治療法を

真剣に探しておられる方

にとっては、

本書は必読本
であると

言ってもいいかも

わかりません。( ^ω^ )







最後に気になった項目を

メモしておきますね。


2章 統合失調症の治療法 ホッファーの研究


4章 アドレノクロム仮説と精神医学


5章 統合失調症とストレス


6章 統合失調症と必須脂肪酸


7章 脳アレルギー


8章 統合失調症とピロール


9章 統合失調症発病のプロセス


10章 患者・家族からの報告


11章 統合失調症への栄養療法









本書のアマゾンのページです。




『食事で治す心の病〈Part2〉

統合失調症にビタミンB3の効果!』

大沢 博 (著)





アフィリエイトはしておりません(^-^)





今日も、最後まで

お読みいただきまして

ありがとうございました。
















関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Aさん、ありがとうございます。


非公開コメントですので、
仮にAさんと呼ばせていただきますね(^^)

亜麻仁油を毎日とっておられるのですね。
それは、とてもいいことだと思います。


Aさんは、本を減らしておられるのですね。

それでしたら、本書を図書館で
借りて読まれることをおすすめいたします。

図書館で借りますと、
本は増えませんからねo(^▽^)o


本書では、統合失調症の治療についての知識が
網羅されていて、とても良い本だと思いますので
もし、機会がありましたら、
図書館にリクエストして読んでみて下さいね。

図書館にリクエストされると、
その図書館に本書がなくても
購入するか他の図書館から借りるかして
図書館が本書を無料で用意してくれますよ(^^)


Aさん、コメントありがとうございました(^-^)



No title

心の病って薬だけではなく食事も有効なんですね。
知りませんでした。
人間の体は、まだまだ分からないことが沢山あるんでしょうね。

坊主おじさん様こんばんは☆

今回も貴重なお話をどうもありがとうございます。

亜麻仁油は気に入ってサラダにかけて食べていますが、統合失調症の患者さんにも有効というのは初めて知りました!

あと「魚油」も効果的とのことですが、ここでいう魚油というのは青魚のことでしょうか(*^_^*)
よくサンマやイワシは身体に良いって聞きますが、日本人にとってなじみの深い青魚ですし、治療に効果的というのもなんだか納得です\(^o^)/

夜分に失礼します

コメント古い記事にありがとうございます。
今日も眠れず音楽聞いてます。
今は胃腸炎で寝込んでましたが回復し本の発行の(同人誌)部数を計算してました。
ばれますが図書館通い続いてます。
心理系をよみたくって吸収しすぎて飽和してます。
でも今週水曜日行ってきます。
本の題名を控えてリクエストしてみます。
坊主おじさんのブログはためになるので愛用させていただいてます。これからも本の紹介お願いしますね。

ケロリンさん、ありがとうございます。

ケロリンさん、こんばんは(^^)

心の病の根本原因には、栄養問題が
潜んでいることがあるみたいですね。


ケロリンさんのおっしゃるとおりです。
人間の体には、まだまだわからないことが
たくさんあると思います。

ですから、いつも柔軟な心で
なぜ?と問いかけることが
大切なのではないかと思います。

ケロリンさん、
コメントありがとうございました(^-^)

SESOちゃん、ありがとうございます。

SESOちゃん、こんばんは(^^)

おお!
さすが、SESOちゃん、亜麻仁油をサラダにかけて
食べておられるのですね。




良い質問をありがとうございます。

ホッファー博士の「魚油」という表現が
出てくるのは、124ページで、
魚油の中身には触れられていませんので
詳しくはわからないのですが・・・

120ページのところで、
必須脂肪酸の中には
「脳神経細胞によい効果があることが
わかっているDHAとEPAがある」との
表現がありますので、この魚油というのは
おそらく青魚のDHAやEPAを意味して
いるのではないかと思われます。




亜麻仁油も青魚のDHAやEPAも
健康に良いと言われているもの
ばかりですよねo(^▽^)o


やはり、食事の内容は、健康にとって
とても重要な意味があるということが
よくわかりますね。


SESOちゃん、
ナイスな質問、ありがとうございました(^-^)




aliceさん、ありがとうございます。

aliceさん、こんばんは(^^)


今日も眠れず、音楽を聴いておられるのですね。
私も眠れない時は、よく音楽を聴いていますよ。
眠れない時は、無理をされずに
流れにまかせるのも、一つの手かも
わかりませんね。



胃腸炎が回復されたとのこと。
本当に良かったですね!(^^)


おお!
同人誌を発行しておられるのですか!
すごいですね!




心理系の本は、私も大好きで
たくさん読みました。
なかなか興味深いですよね(^^)




おお!
今週水曜日に図書館で
本書をリクエストされるのですね!
それは、ありがとうございますo(^▽^)o

とっても良い本ですよ。
わかりやすいですし、
よくまとめられています( ^ω^ )

本書が手元にきましたら
ぜひ、じっくりとお読みになって下さいね。




私のブログを愛用して下さって
ありがとうございます。
大変うれしいですo(^▽^)o


aliceさん、
コメントありがとうございました(^-^)

今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>




こんばんは(*^-^*)

身体の仕組みって神秘的ですよね☆
何がきっかけで悪くなっているのか分からない事も多いし、何かがきっかけで嘘みたいに治ってしまう事もあるし^^

お互い、
自分の身体と向き合って、快適な毎日を送りたいですね(#^^#)

こんばんわ~

坊主おじさん様こんばんわ♪
統合失調症は食事で改善できるのですか

あ、知り合いに鬱の方おります
どうすれば症状よくなりますかね
病気は薬もありますが
やはり食べ物からでしょうv-91


NALI.Sさん、ありがとうございます。

NALI.Sさん、こんばんは(^^)

おっしゃるとおり、
身体の仕組みって、神秘的ですよね。

まだまだわかっていないことも
多いですし、自分の身体に向き合って
自分の身体の声に素直に耳を傾けることが
大切なのかもわかりませんね。

NALI.Sさん、
コメントありがとうございました(^-^)


がちょーさん、ありがとうございます。

がちょーさん、こんばんは(^^)

統合失調症の症状は
食事で改善できることもあるようですね。



知り合いの方に、うつの方が
おられるのですね。

精神科にかかっておられない場合でしたら
うつになった原因から、しばらく離れて
ゆっくり休むこと。

それから、栄養面を改善すること。
そして、一番大切なことは、『希望』という
名の薬を心の中にもつことだと思います。
そのためには、良い本に触れた方が
いいでしょう。



もしも、精神科にかかってしまって
おられる場合は、のんでいる薬が原因で
うつが長引いてしまっているケースも
中には、あるようですので、注意が必要かも
わかりません。

いわゆる薬剤惹起性うつ病の問題です。

 http://bouzuojisan.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

菊地一也先生の『大逆転のうつ病治療』を
読んで、考えてみられることをおすすめいたします。

統合失調症の治療と食べ物の関係

>本書では、統合失調症の治療には
適正量の必須脂肪酸が有効
と書いてありました。(P120)

〇統合失調症の治療と食べ物の関係
 なるほどです。
 不明だった病気の原因が明らかになってくる。
 素晴らしいですね。
 草々
 

ささげくんさん、ありがとうございます。

ささげくんさん、こんばんは(^^)
お久しぶりですね!

統合失調症と食べ物や栄養は
どうやら関係がありそうです。

今までわからなかったことが
明らかになってくることは
おっしゃるとおり
大変すばらしいことだと思います(^^)




ささげくんさんのように
新鮮な野菜をつくっておられると
直接ビタミンやミネラルがたっぷり
はいったピチピチの野菜ちゃんたちを
いただけるので、健康には大変良いですね!

これからも、美味しい野菜を
たくさんつくって下さいね(^^)


ささげくんさん、
コメントありがとうございました(^-^)




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Sさん、ありがとうございます。

非公開コメントですので、
仮にSさんと呼ばせていただきますね。

Sさん、大変貴重な情報を詳しく
教えて下さって、ありがとうございました(^^)
心から感謝いたします<(_ _)>

夜分遅くにごめんなさい

…(;´Д`)ウウッ…
坊主おじさんが前に紹介された本を何冊か頑張って拝読中です。

私のこと?といわんばかりの食事内容でしたよー、笑
トウシツになるひとつの原因が分かってまるで謎解きのようでうれしかったです
このままじゃいけないと思いました
なるほど、胸が痛い、、、グサッっときましたよ~(泣

当たり前ですが食生活見直します(`・∀・´)エッヘン!!
昔から私は果物嫌いだったり食が細くお菓子好きの私
偏った食事でなるほど納得です
改めて好き嫌いを改善してみようと思いました
食事ってとても大切なのですね
いつもためになる素敵な本の紹介、ほんとうに感謝です!!
坊主おじさんありがとう(^^)

No title

こんにちは

統合失調症に限らず鬱病の方や精神、ストレス病の方々は煙草を吸う本数がとても多い様な気がします。
病院の先生に相談しても「減らしなさい」としか言われない様です。
減らす事が出来るくらいなら特に悩まないそうですが・・・
半端ではない程の本数には驚きです!
ストレスに弱いぶん煙草の本数が増えるのでしょうね。
それを減らしなさい!  辞めなさい!
とも言えないのでしょうか?
チョット分からなくて?
勝手な事を書き込んでしまいすみませんでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちー☆ちゃん、ありがとうございます。

ちー☆ちゃん、こんばんは(^^)

おお!
そうですか!

私が紹介した本を読んで下さっているのですね!
それは、とてもうれしいですよ\(^O^)/

統合失調症の方は、たいてい
低血糖症の傾向があるようですので、
ひょっとしたら、ちー☆ちゃんも
甘いものを食べすぎた時期があったのでしょうか?

どちらにしましても、
ご自分の食生活を見直すのは大変良いことだと思います。


もし、よろしければ、お読みになった本の感想を
ブログの記事でアップして下さると
大変うれしいです(^^)


ちー☆ちゃんのブログ
『Peach Melba』は、こちらです。

 http://orpheum716.blog.fc2.com/


ちー☆ちゃんがますます健康になられて
笑顔であふれる人生をおくられることを
心から願っております。


ちー☆ちゃん、
コメントありがとうございました( ^ω^ )

青空さん、ありがとうございます。

青空さん、こんばんは(^^)

なるほど、そうですか。
精神的な病気をかかえる方は
タバコを吸われる本数が多いですか?

やはり、精神的にしんどいものをかかえておられるので
ストレス解消にたばこを吸われるのでしょうか?


薬を中心とした対症療法では
根本的に精神疾患を治すことができないので
余計にストレスがたまるのかもわかりませんね(>_<)


これから、もっと研究が進んで
栄養療法などの安全な方法で
精神疾患を治せるような時代がくるといいですね。

青空さん、
コメントありがとうございました(^-^)

Sさん、ありがとうございます。

Sさん、こんばんは(^^)

大変、お世話になり
本当にありがとうございました。

ぜひ、また、いろいろ教えて下さいね。

今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Yさん、ご連絡、ありがとうございます。


非公開コメントですので、

仮にYさんと呼ばせていただきますね。


Yさん、ご連絡、ありがとうございました。

承知いたしました<(_ _)>

No title

久しぶりにコメントいたします。
食事と精神状態には密接な関係があると
身をもってそう思います。
脳細胞の一つ一つも食べたもので生かされているんですよね。
食と精神症状の関連がもっと多くの方に広まるといいなと思います。
一番知っていただきたいのはドクターですけどね。
薬と食事と上手く利用していきたいものです。
最近は亜麻仁油からグレープシードオイル(ブドウの種から摂った油)を生野菜にはかけるようにしています。値段は亜麻仁油より安いのに脳に必要な栄養価がとっても高いオイルです。

ヒマワリ咲いたさん、ありがとうございます。

ヒマワリ咲いたさん、こんにちは(^^)
お久しぶりですね。

おお!
そうですか。
ヒマワリ咲いたさんも、
食事と精神状態には密接な関係があると
思っておられるのですね!o(^▽^)o

そうですよね。
一番知っていただきたいのは
ドクターですよね( ^ω^; )

医学教育では栄養学は習わないそうですので
ぜひ、ドクターには、自ら進んで
健康にとって、とても大切な栄養の知識を
学んでいただきたいものですね。

おお!
グレープシードオイルというものを
摂っておられるのですね。
はじめて聞きましたよ(^^)

ヒマワリ咲いたさんも
栄養のこと、いろいろと研究されているのですね。

食事と栄養を根本にしながら
どうしても必要なときは
必要最低限、薬の力も借りるのが
いいのかもわかりませんね。

ヒマワリ咲いたさん、
コメントありがとうございました(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Hさん、ありがとうございます。

Hさん、おはようございます。

喜んでいただけて、私も、とてもうれしいですo(^▽^)o

情報ありがとうございました。

早速、活用させていただきますね。

Hさん、今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坊主おじさん

Author:坊主おじさん
ご訪問、ありがとうございます。
本や映画が好きなおじさんです。
気になった本の紹介等しています。

私の提供した情報は、鵜呑みに
されることなく、ぜひご自分自身で
よく考え、自己責任で判断なさって
下さい。特に健康に関することは
信頼できるお医者様とよく相談
なさって下さいね(^^)

リンク、大歓迎です(^○^)/
どうぞよろしくお願いします 。

このブログをリンクに追加

ユニークアクセス数