記事一覧

私の『うつ』体験


path-1577192_960_720.jpg


みなさまは・・・

生きていくのがつらくなった時って・・・

ありませんか・・・?












  

今まで生きてきて・・・・

楽しいこともあれば・・・

つらいこと・・・

苦しいことも・・・

ずいぶんありました・・・







今日は、私の

最も苦しかった体験の

一つを書いてみたいと

思います。














ある時・・・

私は、職場で

陰湿ないじめに遭いました。



pawahara_man.png


そのいじめは、

1年近く

繰り返し繰り返し

執拗に行われ・・・







ついに・・・

私は、完全に

ダウンしてしまいました(>_<)


489626.jpg







生きていく気力も・・・

生きていく意欲も・・・

なくなってしまいました。






何をする気にもなれなくて・・・

目の前が真っ暗になって・・・


utsu_man.png



自分のことがどうしても好きになれず・・・

明日への希望もなく・・・





起き上がる気力もなくなって・・・

涙も出ないほど、悲しみにうちひしがれて・・・

普通の生活ができないほどになってしまいました・・・






職場では、ミスの連続で

まともに仕事が

できなくなっていました。







ふと気がつくと・・・

どうして自分がそこに

いるのか

わからないときも

ありました。




もう、すべてが

限界でした・・・。




446622.jpg












私は、心療内科に

助けを求めました。









精神科の医師に

今まで、どんな目に

あっていたかという話と

今の自分の状態を

詳しく話しました。





monshin_doctor_serious.png




精神科医の診断は、

『うつ』でした。






医師からの指示は、

「しばらく仕事を休んで

十分に休養すること。


お酒は、体に悪いからやめて

眠れないときは、睡眠導入剤を

飲むようにすること。



抗うつ剤を飲むこと。

抗うつ剤が効いてくるまで

2週間くらいはかかるから

飲み続けること。」


でした。



そして・・・

診断書を書いていただき、

仕事を休みました。











ところが・・・

抗うつ剤を飲んで、無理やり横になっても・・・

苦しくて・・・

元気にはなれませんでした・・・



utsu_man.png





もうかなり前のことですので

どんな薬を出されたのか

正確に覚えておりませんが、

ひょっとしたら、

精神安定剤も出されていたのかも

わかりません。




とにかく医師の指示のとおり、

お酒をやめて、

抗うつ剤や睡眠導入剤など

出された薬を言われた通りに

飲みました。





すると・・・

ボォーっとした状態になり、

気がつくと・・・

朝が昼になり

いつの間にか夜になっている・・・



その繰り返しが

ただただ続くだけでした。






たしかに、薬のせいで

意識がなくなっている時間は

私は、楽になりました。



しかし、目が覚めると・・・

自分への嫌悪感が沸き起こってくるのです。




自分が情けない状態に

あることは、

自分が一番よく知っています。





もう、どうでもいい・・・

自分なんか、消えてしまえばいい・・・


何回も、何回も、何回も・・・

苦しみ続けました・・・・・・




013872.jpg





薬のせいで、

意識が朦朧となっている時や

意識を失っている時は

いいのですが、

目が覚めると・・・

やはり・・・

大変苦しいのです(>_<)








薬を飲む
 ↓
ボォっとする
 ↓
眠る
 ↓
目が覚める
 ↓
自分を責める
 ↓
延々と苦しむ
 ↓
薬を飲む(に戻る)




この繰り返しが

続くだけで

時間だけが

空しく過ぎていきました(>_<)









薬を飲み続けて

10日ほど経ったとき




これではいけない!



と・・・



直観的に思いました。







このままでは、

一カ月たっても・・・

三カ月たっても・・・

1年たっても・・・

たぶん

同じことの繰り返しだ・・・



私は、そう思ったのです。






それで・・・

まず・・・

睡眠導入剤以外の

精神薬を飲むのを

キッパリと

やめました。








次に、

なぜか・・・

ふと・・・


『太陽に当たらないといけない』


という言葉が

心に浮かびました。





当時

自分の姿を

見られるのが嫌で

外に出ることは

気が進みませんでしたが・・・





勇気を出して

少しでも太陽に当たるために

早朝・・・

人が少ない時間に

少しだけ外に出ました。




初日は、1分くらい

外に出ただけでした。


次の日は、3分


その次の日は、5分


そして、その次の日は

10分と・・・


少しずつですが、

早朝に

外を歩けるように

なってきました。




朝の空気は

すがすがしく

いつしか

早寝早起きのリズムが

できてきました。



500411.jpg






こうして

早朝の太陽に当たり

散歩の習慣が

ついた頃・・・




図書館で

一冊の本に

出あったのです。








その本には・・・

とても風変わりな

タイトルが

ついていました( ^ω^; )






「変な人の書いたツイてる話」





この本が・・・

斎藤一人さんとの

初めての出会いでした・・・





変な名前の本だなぁと思いながら・・・

その時は・・・

中身には全然、期待していなかったのです・・・


一人さん、すみません  <(_ _)> (ペコリ)











この本には、CDがついていました。

斎藤一人さんのお話が収録されていたのです・・・







そのCDを聴いてみて・・・











ビックリ!!!











とにかく


おもしろいんです!









ヾ(@~▽~@)ノ アハハハハハ









そして・・・





(゜ロ゜;)エェッ 





そんな簡単なことで


幸せになれるんですか?





という


驚くべき内容が


いっぱいでした!











また・・・

CDを聴いていると・・・






ヾ(@~▽~@)ノ アハハハハハ





おもしろいんです





笑い転げます!








そして・・・





CDを聞き終わった頃には・・・





とっても


幸せな気分になれるのです!





(´▽`) ホッ


















一人さんのお話は、とても不思議な内容でした・・・


聴いていると、とても楽しくて・・・

大笑いしたり・・・

うんうんとうなづいたり・・・

ビックリさせられたり・・・

共感したり・・・

また、大笑いしたり・・・

聴けば聴くほど・・・

魅力のある不思議な方でした・・・






私は、迷わず

一人さんの次の本を読みました・・・


 「変な人の書いたツイてる話〈PART2〉」 





「変な人の書いたツイてる話」以上に、おもしろい本でした・・・

内容がすごく濃くて・・・

楽しくて・・・

おもしろくて・・・

元気が出て・・・

うんうんとうなづくことがいっぱいで・・・




気がつくと・・・


そこに・・・



笑顔の自分がいたのです・・・・・







まるで・・・

引き寄せられるように・・・

一人さんの本を

かたっぱしから読みました。



そして、一人さんのお話を

CDで聴きました・・・



もう、毎回、おもしろくて・・・

元気が出て・・・


笑いすぎて涙が出てしまうことも・・・



本当に・・・

すごい方だなぁって、思いました・・・







一人さんに出会ってから・・・


いつの間にか・・・

私の眠剤の量も減り・・・




ついには・・・

薬を飲まなくても・・・

グッスリと眠れるようになりました・・・ \(^○^)/



そして・・・

私は、元気になりました!!!

復活したのです!


\(^O^)/




ありがたいことです。

本当に心から感謝しています。




私にとっては・・・

『斎藤一人さんのCD』

一番の薬だったようです・・・










【 うつ体験をふりかえって 】





体験をふりかえってみて

実行して良かったことは、

以下の5点だと思います。




1、仕事を休んで休養したこと。

  (うつの原因から離れることが

  できたので)


2、早期に精神薬をやめたこと。

  (苦しい離脱症状を経験

   しないで済んだので)


3、朝の太陽の光を浴びたこと。


4、少しずつ散歩したこと。


5、斎藤一人さんの本と

  であえたこと。

  (一人さんの本を読むことで

   人生に希望を持てたことと、

   人間関係の機微を学べた

   ことが大きいと思います。)






 当時の私は、

精神薬の副作用や

離脱症状の怖さの

ことを全く知りませんでした。



 ただ、こんな薬を

飲んでいても、

同じことをグルグル

繰り返すだけで

問題解決にならない

と強く感じたことは

覚えています。




あの時、自分の直観に

したがって、本当に

良かったと思います。





今現在・・・

何年も・・・

何十年もの歳月を

『うつ』で苦しんで

おられる方々と比べますと

私の『うつ』は、たぶん

軽いものだったのだろう

と思います。









【 私を助けてくれた一人さんのお話 】




私を助けてくれた

斎藤一人さんのお話は

こちらで聴くことができます。


『変な人の書いたついてる話』

『変な人の書いたツイてる話〈PART2〉』



お聴きになったことがない人は、

一度は聴いておかれることを

おすすめいたします( ^ω^ )








 今日の記事は、

ずいぶん、長くなりました。


 最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。




 皆様に、すべての良きことが

なだれのごとく起きますように☆














関連記事

コメント

私も一人さん好きです

薬漬けになる前に、ご自身で復活できたこと、本当によかったと思います。

精神科勤務していたころ、うわ~と思ったのは、人生の大半を病院で過ごしている患者さんのこと。
この人の人生は、いったいどんな意義を見出せるんだろう・・・と。
薬は恐ろしいです。

そして、私も斉藤一人さんファンです。周囲に「自分も一人さん好き!」って人がいないので、こうして一人さんファンのかたがいらっしゃることが分かると、とても嬉しいです。

これからもどうぞ元気でいてくださいね。

No title

私も陰湿ないじめを2年近く経験したことがあります。
ある宗教組織に所属していたとき、上司からです。
でも我慢していたら最後は相手が突然移転していきました。

坊主おじさんは反応と行動がいいですね。
すぐ医者にかかり、すぐ薬の量を調整し、
すぐ朝の散歩に行き、
そうして一冊の本で改善できた。
素晴らしい感性の反応ですね。

その本が図書館になかったので、
「変な人の書いた世の中のしくみ」
「 変な人が書いた驚くほどツイてる話」
を予約しました。

共存

おはようございます。

自分は投薬されたものを飲み続けながら自分の
意志で外出したり色んなことをやったりしています。
薬が比較的強くないものだからでしょうか…
発病当時は坊主おじさんと同じ状態だったと
思い出しています。

No title

私も心療内科へ通っているのですが、薬ってだけで根本的な解決にはなりませんね。
私のは飲んでもまったくといっていいほど何も変化というものを感じませんでしたし
社会以外に原因が家族にあるせいもあるかもしれません。
一度考えると螺旋のように不満が止まらないので
私はもう開き直って、何も考えない、何も気にしないことで自分を保っているだけですね。

No title

いいお話し聞かせていただきました。参考にします。

No title

こんにちは

私もいじめられたことがあります
あれは辛いですね

なので娘がいじめられた時 学校に行ったり
いじめた親と話をしたり いろいろ頑張ったけれど
見えないところでいじめが進行してしまい
娘もうつになりました

嫌がる娘を連れて 心象内科で薬を出してもらったけど
1週間ほど飲んで副作用が出て「もう飲まない」と断薬しました

坊主おじさんと同じように 直感が働いたのかもです
時間はかかったけど5年後に完全復帰しました

次女は超進学校の管理された中で息苦しさを感じ
本人の希望で心療内科に行きました

そこで思わす重い病名を告げられて 薬を処方されたけど
坊主おじさんと同じ感じでした

薬で頭の動きを鈍らせているのでボーっとしてて
ただ生きているだけ 感情も味覚もないみたいでした

病院は薬の量を増やそうとするし 薬を一生のみ続けることで症状を抑えることが可能なのだと断言されました

薬を飲まないと 悪化して大変なことになると言うのです

でもある日突然娘は 「薬じゃ良くならない!」と宣言して
一気に断薬したのです
離脱が心配だったけど まったく無かったです

それから不安定になって泣いたりしていたけれど
漢方医に処方してもらった漢方薬をたまーに飲む程度でした

心療内科で出された薬を飲んでいたころは 笑うことも無かったのに 今は笑っていますよ

今は心療内科が増えて 気軽に行きすぎだと思います
予約してても何時間も待たされ 診断は5分程度
しかも薬の調整だけです
毎月2万円くらいかかります

医療費が増えている っていうのならば
その辺にメスを入れたら かなり削減できると思います

長々とゴメンナサイ
坊主おじさん 回復されて良かったです

ありがとうございました

こんにちわ♪

こんにちわ

私もいじめられっ子でしたから よくわかります。
事をマイナスに考えるより、なるべくいい方にいつも考えておりますよ

斎藤一人さんのCD、機会があれば
聞いてみたいですね☆

馬場亜紀さん、ありがとうございます。

馬場亜紀さん、こんにちは(^^)

精神科で勤務されたことがおありなのですね。

私も、知人で何十年も薬漬けになっている方を
知っています(>_<)

本来は、楽しめるはずの人生が・・・
と思うと、本当に残念ですよね。


おかげさまで、私は、薬のうさん臭さに気づいて
早い時期にキッパリと飲むのをやめましたので
薬漬けにならずに済みました。

薬は、本当に怖いですね(>_<)




馬場亜紀さんも、一人さんのファンでいらっしゃるのですね!

一人さんの話ができる方が、また一人見つかって
大変うれしいです!

また、一人さんの話で盛り上がりましょうね(^○^)/

今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

よ~し!
今日も、ツイテルぞぉ(笑)


馬場亜紀さん、
コメントありがとうございました(^-^)


☆バーソ☆ さん、ありがとうございます。

☆バーソ☆ さん、こんにちは(^^)

おお、そうでしたか。
バーソさんも、陰湿ないじめを2年近く
経験されたことがおありだったのですね(>_<)

バーソさんは、頭脳明晰で優秀な方ですから
嫉妬されたのかもわかりませんね(>_<)



ブログの記事では、スムーズに
ことがはこんでいったように
見えてしまうかもわかりませんが、
当時は、手探りで必死でした。

先が見えないつらさ、
自分自身に対する情けなさ、ふがいなさで
うちひしがれておりました。

当時は、精神科の薬がどれだけ
怖ろしいものであるかも全く知らず
言われるがままに飲んでおりましたが
とちゅうで、これはあかんと思いました(;´Д`)

私の感性をほめて下さり、
ありがとうございます<(_ _)>

今では、ひょっとしたら、あのひらめきは
ガイドさんの導きかもわからないと・・・
ガイドさんに感謝しております。


おお!
斎藤一人さんの本を予約されたのですね。

今では、ネットで一人さんの話を
聴くこともできますので、
もし、気が向かれたら
お話の方も、お聴きになってみて下さいね(^^)

たぶん、バーソさん、笑い転げますよ。

落語よりも笑えて、しかも、ためになるのが
一人さんのお話です。


☆バーソ☆ さん、
コメントありがとうございました(^-^)




kaionさん、ありがとうございます。

kaionさん、こんにちは(^^)


kaionさんは、薬を飲み続けながら
毎日のタスクをこなしておられるのですね。



kaionさんの薬のことは
私にはわかりませんので
その点についてはコメントできません<(_ _)>



これは、一般論としてきいて下さい(^^)

長年うつ病を患っておられる方の中には
薬剤惹起性のうつ病になってしまっている方も
おられるようです。

薬剤惹起性のうつ病というのは
うつ病の治療のための薬が原因となって
新たなうつ病になっているケースがあるそうです。

このケースの場合は、原因となっている薬を
慎重にやめていかないと、
いつまでたっても治らないようです。


この件につきまして、もし、ご興味がありましたら、

http://bouzuojisan.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

をお読みになって下さい。


kaionさんが元気になられることを
心から願っております。

どうかくれぐれも、お大事になさって下さいね。

kaionさん、
コメントありがとうございました(^-^)



西條すみれさん、ありがとうございます。

西條すみれさん、こんにちは(^^)

すみれさんも、心療内科に通っておられるのですね(>_<)

一般論として言えば、
薬では、症状をごまかすことができても
原因となる問題を解決することができませんし、
薬によっては、麻薬のようにやめるのが
著しく難しいものもあります。

精神科の薬をやめたいのに
やめようとすると、
ものすごく悲惨な症状に
おそわれて苦しんでおられる方が
たくさんおられます。

それは、次のブロガーさんのブログを
読まれると、よくわかられると思います。

『治らんなあ・・・』

 http://californiarocket.blog.fc2.com/

『ぴぴの うつ病 薬離脱 減薬日記』

 http://pipi26.blog.fc2.com/

『産後鬱 ベンゾジアゼピン 抗鬱剤 減薬日記♡』

 http://kobuchoro.blog.fc2.com/

『Peach Melba』

 http://orpheum716.blog.fc2.com/


すみれさんの飲んでおられる薬が
害の少ないものならよいのですが・・・

念のために、精神薬の離脱症状が
悲惨な薬についても、
知っておかれた方がよいでしょう。

上記のブログを読んでいかれると
離脱症状の悲惨さについて知る
ことができますので、
すみれさんの人生を守るために
読んでおかれることを
おすすめいたします。


精神科の薬を増やすのは
ある意味簡単なのですが
減らす時に命に及ぶような
悲惨な症状が出ることがあるそうです(>_<)

薬を減らしたいと思われても
自己判断だけで減らすのは
危険ですので、もしも
精神科の薬を減らしたいと
思われたときは、
信頼できる医師とよく相談
して下さいね。




すみれさんの場合は、原因が
ご家族にあるのですね(>_<)

それは距離を置くのが難しいので、
職場が原因よりも難しいかもわかりませんね。


そうですね。
開き直ることも大切ですよね。
それは、よくわかります。


現実世界を生きていくこと事態が
ある意味修行でもありますね。



すみれさん、
どうかくれぐれもお大事になさって下さいね。
コメントありがとうございました(^-^)




ころこさん、ありがとうございます。

ころこさん、こんにちは(^^)

臨床心理士のころこさんから
参考にしますと言っていただき、
大変うれしいです。

がんばって、
記事を書いたかいがありましたo(^▽^)o


ころこさん、
コメントありがとうございました(^-^)

まつじゅんさん、ありがとうございます。

まつじゅんさん、こんばんは(^^)


そうですか・・・
まつじゅんさんも、いじめられたご経験が
おありですか(>_<)

あれは、とってもつらいですよね。




娘さんがいじめに遭われたときに
まつじゅんさん、がんばられたのですね!

いじめが続くと、うつになってしまうのは
残念ですが、仕方がありませんね。





心療内科の薬、1週間でおやめになって
娘さんの直観は、大正解ですね!

5年後に完全復帰されて、本当に良かったです!\(^O^)/





次女さんは、超進学校で
息苦しさを感じておられたのですね(>_<)

自ら心療内科に行かれたとは!
よほど苦しかったのですね。



そうなんです。
薬で頭がボーっとして、
ただ時間だけが過ぎていくんです。

なぜ、あんな薬を出すのか理解に苦しみます。



薬を飲まないと悪化して大変なことになるって
それは、おどしのような言葉ですね(>_<)

おお!
次女さんも、自ら精神科の薬を
やめる決断をされたのですね!
断薬がうまくいって、
本当に良かったですねo(^▽^)o




まつじゅんさんの意見に大賛成です!

私、精神科の薬の怖さを知ってからは、
うつ気味の人に精神科に行きましょうとは
絶対に言ったらあかんなと思うように
なりました。

うつの症状よりも、精神科の薬の
離脱症状や副作用の方がはるかに
怖ろしいと思うからです。



まつじゅんさんの娘さん達
無事に精神科の薬から脱出できて
本当に良かったですね!


おかげさまで、私も元気になりました!

まつじゅんさん、
コメントありがとうございました(^-^)





がちょーさん、ありがとうございます。

がちょーさん、こんばんは(^^)


えええええええええ????

がちょーさん、いじめられっ子だったのですか?


写真を拝見すると、かなりこわもての感じに
見える、がちょーさんが、いじめられた
ご経験をお持ちだとはビックリしました。


あっそうか!
苦労されたご経験がお持ちだから、がちょーさんは、
人の気持ちがよくおわかりになるんですね(^^)


斎藤一人さんのCD、機会があれば
ぜひお聴きになって下さいね。

落語を聞くよりも笑い転げると思いますよo(^▽^)o

私、何回聞いても大笑いしてしまいます(笑)


がちょーさん、
コメントありがとうございました(^-^)

きっぱり薬をやめられた勇気が何より良かったですね☆直感☆大事ですね( 〃▽〃)そして太陽を浴び☆自然なパワーを味方にして♪
そしていいものに☆タイミングよく巡りあえ、助けてもらったのですね
(〃ω〃)

No title

こんばんは

随分と辛い経験をなされたのですね。
自分のまわりにも何人か鬱になった
人がいます。だいたい共通していて
自分を追い込んでしまったようです。
幸い今は職場復帰しています。詳細は
分かりませんが、何等かの好転する
きっかけがあったのでしょう。良書に
巡り会えたというのはほんとよかった
ですね。笑顔が戻ったというのが、鬱
を克服した何よりの証拠だと思います。

不幸にも好転するきっかけがつかめず
悪いスパイラルの繰り返しで、自殺に
至るケースもザラにありますから、怖い
ですね。なにより将来ある若い優秀な
人材が、鬱が原因で失われるというこ
とはあってはならないと思います。鬱
なのかは分かりませんが、例の広告
代理店の悲惨な事件がありました。
すごく憤りを感じています。こんな悲劇
が少しでも減るよう、メンタルヘルス
の分野はもっと注目されるべきですし、
国はもっと真剣に取り組んでほしい
と思っています。

No title

こんばんは

過去の辛いお話をして頂き有難うございました。
ご自分の経験があるからこそ相手の気持ちが分かるのですね!
このブログはとても優しくて温かくて心が癒されます。
いつも有難うございます m(__)m




職場での陰湿なイジメ。。
坊主おじさん様にも、そんな過去があったのですね。

幸い私は職場で辛く当たられたり、という事はないですが、学生時代はっ(/ _ ; )絶対的な暗黙の階級があって、、うん、頑張ったなぁと思えます★

一人さんを知ったきっかけが、そんな時期だったとは!私も人から貰ったCDだけが何故かあるんですw
きっとその頃の坊主おじさん様にとって、凄く力強い言葉だったでしょうね(*^^*)
辛い時期に自分にとっての光を見つけられる、、すごいです♪( ´▽`)

坊主おじさん様こんばんは☆

つい自分の過去と照らし合わせながら読ませていただきました(>_<)

陰湿ないじめを受けられた過去があったり、直感を信じて断薬されたり、一人さんの本に出会われたり、そういった様々な経験があって今の坊主おじさん様がいらっしゃるのですね。

そういえば私がうつ状態の時も、一人で部屋にこもっていると外界と閉ざされてしまって本当にダメになる気がして、辛くても外に出て明るい場所に行くようにしたのを覚えています。
人間そういうときって直観が働くものなんですかね(*^^*)
動物っぽいというか、第六感というか、なんかこうした方がいい気がする!って思うのがおもしろいですよね。

貴重なお話をありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

陰湿なイジメに耐えていたなんて辛かったですよね。
私の友人にうつで何年も薬を飲んでいる人がいますが、良くなっているような感じがしないんですよね。
友人に斎藤一人さんの本をプレゼントしようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アンジュままさん、ありがとうございます。

アンジュままさん、おはようございます(^^)

そうなんです。
きっぱり薬をやめたこと。
これが、「うつ」から脱出するカギだと思います。

あとは、太陽の光を浴びて、少しずつ体を
動かすことが大切ですね。

良いタイミングで一人さんの本に
出あえて、ラッキーでした(^^)


アンジュままさん、
コメントありがとうございました(^-^)

よっチさん、ありがとうございます。

よっチさん、おはようございます(^^)

そうなんです。
鬱になると、自分を追い込んでしまうんです(>_<)

よっチさんのまわりでも
鬱になられた方がけっこうおられたのですね。

私の場合、早い段階で、薬をきっぱり
やめたことが一番良かったと思います。

この記事を書いたことで
うつを克服した方の話をうかがうことが多いのですが・・・
うつが治った皆さんに共通するのは、
薬をやめたことなんですね。

薬を飲みながら、うつが治りました
という方は、今のところ聞いたことがありません。


おっしゃるとおり、
鬱がひどくなると、自殺される方が
おられるので、深刻な問題ですね。

私の経験から言って
『うつ』は精神薬では治りません。

ところが、何も知らない方は
うつになると、心療内科に
行ってしまうんですね。

そして、薬漬けになって
しまうことがあるので
ここが問題だと思います。


私も当時無知でしたので
心療内科に行きましたが・・・

病気になったら
お医者さんに診ていただく
というのが普通の感覚ですが
精神的な病気になったら
精神科で診ていただくのが
本当にいいのかどうか・・・
最近では、このあたりを
疑問に思っているところです。

よっチさん、
コメントありがとうございました(^-^)

青空さん、ありがとうございます。

青空さん、おはようございます(^^)

『このブログはとても優しくて温かくて心が癒されます。』
と言って下さって、本当にありがとうございます。
一番うれしいほめ言葉です( ^ω^ )

青空さんのブログの昭和の歌もいいですね。
いつもなつかしい思い出を
提供して下さり、ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

青空さん、コメントありがとうございました(^-^)

タケコ さん、ありがとうございます。

タケコさん、おはようございます(^^)

タケコさんは、職場で辛く当たられる
ということがないのですね。
それは、何よりですねo(^▽^)o

そうですか・・・
学生時代がきつかったのですね(>_<)
よくがんばられましたね。



おお!
タケコさんも、一人さんのCDを
持っておられたのですね(^^)

私は、一人さんのCDに出あえたおかげで
希望という光を得ました。
タケコさんがおっしゃるとおり、
それは力強い光でしたよ!

暗闇の中で光にあうことほど
うれしいことはありませんね!



タケコさん、
コメントありがとうございました(^-^)

SESOちゃん、ありがとうございます。

SESOちゃん、おはようございます(^^)


SESOちゃんも、つらい時期があったのですね(>_<)

そうですか・・・
SESOちゃんも、うつ状態の時に
辛くても外に出るようにされたのですね。

暗闇の中にとじこもっていてはいけないという・・・
もう、これは、本能的なものですよね。

人間に生まれつきそなわっている直観って
いざという時はたよりになるのかもわかりませんね。

一人さんの言葉に
常でないことから人は学ぶという趣旨の言葉が
ありましたが、SESOちゃんも、私も、
暗闇で苦しんだ時に学んだことがあるから
今があるのかもわかりませんね。


SESOちゃんがうつ状態を克服されて
今現在、太陽のように明るく活躍されるようになって
本当に良かったですo(^▽^)o


SESOちゃん、
コメントありがとうございました(^-^)




Sさん、ありがとうございます。

非公開コメントですので、
仮にSさんとお呼びしますね。

Sさん、ブログ復活されて、良かったですね(^^)


そうなんです。
職場の意地悪は、本当につらいですね(>_<)

それにしても、Sさん
ひどい職場におられたのですね(>_<)

Sさん、そんなつらい職場で
よくがんばられましたね。


病院に行かなかったのは
大正解だと思いますよ。
本当に良かったです(^^)


おお!
Sさんも、うつを克服する
きっかけとなる本に
であわれたのですね!

Sさんが回復され
自信をとりもどされて
本当に良かったですo(^▽^)o



今、ものすごくお忙しいと
思いますので、
どうか風邪などひかれないように
あたたかくしてお過ごし下さいね。

Sさん、コメントありがとうございました(^-^)



ケロリンさん、ありがとうございます。

ケロリンさん、おはようございます(^^)

そうなんです。
陰湿ないじめに耐えていた時は
本当につらかったです(>_<)

私の知人にも、何十年も薬を飲んでいる方がおられます。
いっこうによくなる気配がないです。


私が知っている限り、
うつが治った方は、皆様、薬をやめて
治ったという方ばかりです。

ただ、長く薬を飲んでいると、
この薬をやめたり減らしたりするのが
とても難しいことが多いのです。
悲惨な離脱症状があるからです(>_<)



一人さんの本をプレゼントされるのですね。
知人の方が回復されるきっかけに
なるといいですね(^^)


ケロリンさん、
コメントありがとうございました(^-^)

Nさん、ありがとうございます。

非公開コメントですので、
仮にNさんとお呼びしますね。


Nさん、ねぎらいのお言葉
ありがとうございます<(_ _)>

おかげさまで、何とか
復活することができました。


知人のうつの方
何度も同じ話をなさるのですね。
小さなことにこだわったり
気にしたりするのは、
あまり望ましくありませんね。

やはり、生き方や考え方を
明るい方に楽しい方に
変えていくことが大切でしょうね。



一人さんの本をプレゼントされるのですね。

その本がきっかけになって
その方が光の方に、明るい方に
変わっていかれるきっかけに
なるといいですね(^^)


Nさん、
コメントありがとうございました(^-^)




こんにちは☆

坊主おじさん様、お辛い過去の出来事を記事にして下さってありがとうございます。この出来事が過去のものとなり、本当に良かったと思います。

私はイジメに関しては、小学1年と小学6年、中学1年の時ですね。
小学1年の時はあまりに辛い出来事だったのか、覚えておらず、母から聞きました。
そして小学6年の時はクラスが学級崩壊し、6年の2学期から授業が行われておらず、このクラスだった子は中学に上がり、6年生の勉強ができていないので、中学の勉強が分かりません。なので、放課後に6年生の授業を行う特別授業が組まれました。

本当にイジメは辛いです。今思い出しても、ドラマのようです。
私は友人に恵まれていたので、その時は、鬱にはなりませんでした。

大人になってもイジメがあるのは、本当にどうかしてる。いい大人が何をやっているんだか…

それにしても坊主おじさん様も精神薬の服薬経験があったのですね…
本当に本当に抜け出せて良かったですね。
ここのコメント欄を拝見させていただくと、子供にも精神薬の魔の手が…

普通の感覚だと具合が悪くなったら、専門家に相談。この流れですよね。
心療内科は、精神科より敷居が低く、危険です。



太陽を浴びる。
そして散歩。

鬱にはとてもいい事ですね。薬を飲んでいても治らない。薬以外のアプローチを!私もそう思います。

離脱症状の為、中々薬がやめれませんが、1歩ずつ私も頑張ります。
私も、坊主おじさん様に続き、鬱と精神薬を過去のものとしたいです。

斎藤一人さんの本に絶妙なタイミングで出会われて、そして今がある事。
ツイテル♪ツイテル♪
本にはそんな出会いがありますよね。
斎藤一人さんの本は、購入して手元に置いておきたいと思います(*'▽'*)



kobuchoroさん、ありがとうございます。

kobuchoroさん、こんばんは(^^)

やさしい言葉をかけて下さって
本当にありがとうございます<(_ _)>


そうでしたか。
kobuchoroさんも、いじめを受けられたことが
おありだったのですね(>_<)

小6で学級崩壊といじめを受けられたとは
大変苦しい思いをされたのですね。

ひとつ救いは、良いご友人がおられた
ことなのですね(^^)
その時は、うつにならずに
本当に良かったですね!




おっしゃるとおり、大人がいじめをするとは
いい年をして何をしてるのか!と私も思います。

でも、、職場での陰湿ないじめは
珍しいことではないと思います。
残念なことですね(>_<)




ありがとうございます!
おかげさまで、私は、早期に
薬をやめることができました。



そうそう、そうなんですよね。
子どもにまで精神薬の魔の手が・・・
本当に怖いですよね。

精神科の薬がいかに怖ろしいものか
一般に知られていませんので、
心療内科や精神科に簡単に
行ってしまうんですね(>_<)





朝の太陽の光を浴びるのは
いいですよ(^^)

散歩のコースに、緑の木が
はえているコースがあると
よりいっそういいと思います。

歩いている時に、手のひらを
木にあてて目をつむって
木と交流するのも楽しいですよ。

太陽の光と緑のかおり・・・
それだけで、どれだけ心が
癒されるかわかりませんものo(^▽^)o




kobuchoroさん、家事や
小さなお子様の育児もある中で
きびしい減薬に取り組まれていて
すごいと思います。

お体に無理がないように
慎重に一歩一歩進んで下さいね。




kobuchoroさんは、薬の怖さに
気づいておられるのですから
それだけでも、すごいことだと思います。


kobuchoroさんも、きっと
『うつ』と『精神薬』を過去のものとされる日が
来ることと信じています!





斎藤一人さんの本とCD
本当に何回聞いても、笑ってしまいますね。

しんどくなったり、心が落ち込んだときは
一人さんのCDを聞いて笑うのが
良いですよね! o(^▽^)o





kobuchoroさんに、すべての良きことが
雪崩の如く起こりますように!!!

kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)

「いじめ問題は社会の縮図」・・・これ、本当だと思います。

坊主おじさま、おはようございます。

おじさまをいじめた職場の人たちの頭からは
黒いモクモクした煙が出続けていたことでしょう。
(視える人には視えるとも知らず?)

お相手はむしろおじさまから
かつて親切すら受けた人たちでしょうけれども、
“彼らの魂の感性” にとっては
まさにそのような
「宇宙(神?)が
《可愛がりたくなるような波動》
を有するおじさまの魂」
に “ジェラシー” を刺激された・・・?
シェアして頂いたお話から
そんなような印象を受けました。


“自分と異質” だと感じる魂を持つ相手に
一方的に嫉妬(ねたみ・そねみ・ひがみ)を
感じるというのが
いじめの構図の一つのパターンとして
大きくあるような気がします。


いじめられる体験があまりに辛いのは
病気の場合のように、
自分自身(幼い子供が病気になった場合は大抵は親)
の意識の持ち方(大事なことへの気づき?) etc. によって
状況が変えられるかもしれないとは
思い難いことがあるかと思います。
いじめをしているのは “自分”ではない人たちだから・・・。



ひとりさんは、
苛める側の心理についても
とても納得の行く教えを
平易なことばで述べて下さいます。
自分の意識の在り方も助けてくれるし、
いじめをする人間に対しての見方も
きっと大きく変えてくれる教えだと思います。
彼の魅力溢れるおしゃべりが楽しくて、
YouYubeは多分ほとんどすべて聞ききました。
素晴らしい教えの宝庫だと思いました。

ただ・・・
そんな素晴らしい言葉を
いっぱい教えて下さるひとりさんですが・・・
間違いなくそんなひとりさんではあるのですが、
娑婆(しゃば)では
「立派な悩める人」だと
ひとりさんを至近距離で知る複数の方から
たまたま知るに及びました。


それはとても当たり前のことだと思います。
3次元の肉体を纏(まと)って
まだ生まれ変わりの旅路から
卒業できてはいない
(未熟なる)魂の持ち主である限り、
「神のような全能の存在」
であるはずはないのでしょう。
克服せねばならない欠点は
誰しも持っているということなのでしょう。


いじめの問題は病気の問題と共に
私にとっても
今生で恐らく深く掘り下げて考えたい
大いなる関心事だったような気がしています。

魂というのは
知りたいこと、学びたいことを
効率的に学ぶことのできるような出来事を、
自分の人生に引き寄せるのではないか・・・
ひと頃からそんなふうに思うようになりました。


「人間」についての考察が
否が応でも深まらざるを得ない
“いじめ”の問題。


「大人になってからまでいじめをする・・・。」
私ももちろん、初めはそう思ったのですが、
大人の社会にこそ
いじめは “当たり前に” 存在していますよね。

お子さん同士が同学年のお母さん方は
“仲良し(実は内部はいじめの構造)グループ”
を良く作るように感じて来ました。
「子供(たち)というのはお母さん(たち)がしているのと
 同じことを真似してやっている・・・。」
そう感じることがとても多かったです。

職場のいじめの問題も
典型的な社会の縮図の一つだと感じます。

日本への帰国の決まったお母さん達の中に
グループの内部事情を教えて下さる方が何人もいらして、
“お母さんグループ” には属さなかった私も
いろいろと勉強をする機会がありました。


坊主おじさまのこのブログ記事は
とてつもなくの価値あるものだと感じました。
(今日は多くの方のコメントが長いですよね?
おじさまの記事だけでなく!)

シェアをして下さって
本当に有難うございました m(_ _)m

HeartLibertyさん、ありがとうございます。

HeartLibertyさん、こんばんは(^^)




さすが、HeartLibertyさん、鋭いですね!

私に嫌がらせをしていた人達の心の中には
かなり強い嫉妬心があったのだろうと思います。

そのことをズバリ指摘されましたので、
ビックリしましたよ( ^ω^; )





一人さんは、いじめやパワハラに遭った時の
心得も、お話してくれていますね。

一人さんの教えの通りにふるまったところ
パワハラ上司が変わってしまった
という話(本)もあったように思います(^^)





一人さんも、この現実世界では、
「立派な悩める人」なのですね。
とても貴重な情報、ありがとうございます<(_ _)>



私は、斎藤一人さんの『ファン』に
なることはあっても、『信者』に
なってはいけないと思っております( ^ω^; )


ただ、やはり、一人さんの言葉からは
学びが山ほどあるとも思っておりまして、
迷った時や落ちこんだ時は、一人さんのCDを聞いて、
元気を取り戻すこともありますo(^▽^)o

ですので、すばらしい言霊を教えて下さる方として
一人さんのことは大変尊敬しております。




おっしゃるとおり、
『いじめは社会の縮図』ですよね(>_<)

子どもや大人、そして、性別の関係なく
いじめる人、言葉の暴力を使う人は
存在しますね。


私がこれまで生きてきて
思いますに、一つ言えることは
『幸せな人は、人をいじめない』
と感じております。

いじめる人をジッと観察していると
絶えず怒っていたり、イライラしたりして
落ち着きがない感じがします(笑)

心の中で何かを恐れているのでしょうね。
ですので、誰かを攻撃して、自分の不安を
打ち消そうとしているのではないでしょうか?

もう一つ、
『本当に自分に自信のある人はいじめない』
とも思います。

そうしてみますと、人をいじめてしまう人は
大変気の毒な方々ではないかと私は思っております。


人の集団があるところ、残念ながら
いじめは存在する可能性がありますね。

この現実世界は、ドロドロしているからこそ
魂の学びがあるともいえますが・・・




記事のことをほめて下さって
ありがとうございます。
大変うれしいです( ^ω^ )


HeartLibertyさん、
大変鋭いコメント、ありがとうございました<(_ _)>





No title

こんばんわ
お伝え忘れましたがリンクさせてくださいね。

共感しきりです。

「斎藤一人さんの『ファン』に
なることはあっても、『信者』に
なってはいけない。」

とっても共感するご意見です。

「付いて行きたい対象」
を探し求める旅を続けるのではなくて
「自分自身になること」
が私たちに求められているように思います。


ひとりさん、ちゃんと言っておられますよね。
「私のお弟子さんではなくて
 弟子にはならずに私の教えを学んでいる人が
 成功する(←“成功”という表現は
 あまり好きではないのですが、
 ひとりさんは天才商人(あきんど)さんですから
 自然な感じでこの表現を使っておられますね)。」
だと・・・。

こういうこともきっちりと伝えておられるところ・・・
さすがひとりさんです。
言霊(ことだま)の威力というものは
確かに存在すると言わざるを得ません。
ひとりさんは言霊の説明が
とっても実践的なんですよね。


『幸せな人は、人をいじめない』
『本当に自分に自信のある人はいじめない』
『人をいじめてしまう人は大変気の毒な方々』

こうした理解が深まれば、
いじめは激減すると思います。

人をいじめることが
何の良心の痛痒を感じることもなく
できてしまう心が
もっとも受け入れたくない
真実のロジックかもしれないですね。

坊主おじさまこそ鋭さ満点です。
パワフルなメッセージを
ありがとうございました。

ころこさん、ありがとうございます。

ころこさん、こんばんは(^^)

リンクを貼って下さり
ありがとうございます( ^ω^ )

私も、リンクのページに
ころこさんのブログのリンクを貼らせていただきました。
相互リンク、ありがとうございます。



このコメント欄にもリンクを貼っておきますね。

臨床心理士ころこさんのブログは、こちらです。

『うたたね日記2016』

 http://utatanenikki.com/


今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

ころこさん、
コメントありがとうございました(^-^)



HeartLibertyさん、ありがとうございます。

HeartLibertyさん、こんばんは(^^)


共感して下さって、
ありがとうございます。


一人さんが
「私のお弟子さんではなくて弟子にはならずに
 私の教えを学んでいる人が成功する」
と言っておられることは知りませんでした。
教えて下さって、ありがとうございました。


一人さんは、ご自分のことを
『変な人』と言っておられますよね。
それは、ご自分のことを立派だと思われたくない
という一人さんのお気持ちのあらわれだと思います。
一人さんは、大変正直な方だと思います。



そうです、そうです。
一人さんの言霊は、大変実践的ですよねo(^▽^)o
すぐに役に立ち、すぐに元気になれますもの。
 


おっしゃるとおりですね。
いじめをしてしまう方々が
その愚かさに早く気づいてほしいものですね。


HeartLibertyさん、
コメントありがとうございました(^-^)

ぼくもうつでした

いつもブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ぼくも昔うつでお医者さんに通ってた時期があります。
たまたま行った精神科なんですけど、変わった先生でして、
「薬でうつは治らないよ」
って言って、いつも気休め程度にしか処方してくれないんですよ。
それが不満で、もっとドバーっと景気よく薬を出してくれたらいいのに、って思ってました。
いま思えば、それが正しかったんですね。

その先生がおっしゃってたことは、うつは治るときが来たら治る。薬はそれまで時間稼ぎすぎない、ということでした。
今はいい先生に診てもらってたんだと思います。

石塚達也さん、ありがとうございます。


石塚達也さん、こんにちは(^^)

おお!
石塚さんが通っておられたお医者さん
ものすごく良心的な方だったのですね!

 「薬でうつは治らないよ」

全くそのとおりですが、
それがわかっていても口に出さない医師が
大半だと思います。

いやぁ、感動しました。
世の中には、こんなに良心的な精神科医の方が
おられるのですね!o(^▽^)o


 「うつは治るときが来たら治る。」

というのも、全くその通りですね!

石塚さんの場合は、婚活がうつの原因だったのでしょうか?

今は美しい奥様と幸せに暮らしておられるとのこと。
本当に良かったですね!



石塚さん、
すばらしいお話のシェア、ありがとうございました(^^)




こんばんわ☆

こんばんわ☆
エミのブログ見にきてくれてありがとうございます(≧∀≦)

エミもよく生きることが嫌になることがあります…
斎藤一人さん、素敵な方ですよね(^^)
エミは人生の節目で大きな変化に耐え切れず
顔にストレスが沢山出てしまい、
とても辛かったです。
人生の節目の変化よりも
自分自身の顔が
ドンドン崩れて行く恐怖で
押しつぶされそうになったのがつい2ヶ月前でした…
ある人との出会いで今は元通りへ治りましたが、
太陽に当たること、
楽しいと笑えることの
大切さを感じながら過ごしています(^^)

エミさん、ありがとうございます。


エミさん、こんばんは(^^)


そうでしたか・・・。
エミさんは、人生の節目で
大きなストレスに遭われたのですね(>_<)

顔にストレスが出るのは
女性としては、非常につらいですよね。

そのような大きなストレスも
ある方との出会いがきっかけになって
良くなられたのですね。

顔が元通りになられて
本当に良かったですね!\(^O^)/

今は、元気になられて
太陽に当たること、
楽しいと笑えることの
大切さを感じておられるとのこと。
無事に困難を乗り越えられて
何よりでしたね!o(^▽^)o


ところで・・・

エミさんのブログの一番初めの記事に
「ゲームが好きすぎて辛い」と書いて
おられましたが、
実は、私も、ゲームが大好きなんですよ(^^)
ゲームが好きすぎて辛いという
お気持ち、よくわかります。

今は、ドラゴンクエストヒーローズ2に
はまっています(笑)
裏のラスボスが倒せなくて
もう何十回も全滅しています(笑)

いやぁ、ゲームって、
本当におもしろいですよね。

また、おもしろいゲームがあったら
教えて下さいね。


エミさん、
今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>
コメントありがとうございました(^-^)


『直感』こそがドクター

日本の精神科医は、欧米のような専門家ではありません。
臨床心理系の勉学や試験に合格したわけでもなく、
単に申請のみでOKの世界ですから、まず、本物はいないと考えた方が無難です。

私の経験ですが……。
メニエール?のような症状で大学病院を受診。
検査漬けになった後、診断は『自立神経性めまい』とのことで、
薬を処方されましたが、飲みませんでした。
原因が特定できないと、現代医学のドクターたちはたいてい
自律神経という診断を下します。(消去法診断)

その後、低周波ではないかと自力で原因究明。
高架になっている高速道路そばのマンション(7階)に住んでたので、
トラックなどが通行するたびに低周波の直撃を受けているような直観が……。

瞑想してても、首が勝手に回る、みたいなこともあって転居。
その後、一切の症状から解放されました。

低周波の被害は全国で起きてますが、
(脳腫瘍、めまい、嘔吐、神経障害)
携帯電話、風力発電、高速道路など全てが
莫大な利益に絡んでいるため、問題をもみ消す傾向が強いです。
(欧米のよううな対策はなされない)

文化水準の高さは、同時に、取り返しのつかない弊害をも生みますね。
『二人に一人が癌』という現在……。
安定剤や、着色料、防腐剤などの添加物はもとより、
海も空気も汚染されているのが原因ですが(放射能や、大気汚染)、
多くのドクターたちは原因究明に興味がないようです。
(実際、多忙すぎて無理でしょうから。)

とどのつまり、患者側も賢くならなければ……と、思います。
坊主おじさんのように自問自答し、本でもネットでも学びながら、
自然派志向の医師を探し、同時に自分の直観を信じるのが最善でしょうね。
(お勧めは、アンドリュー・ワイル博士『ナチュラル・メディスン』)

坊主おじさんのランキング上昇、スゴイですね。
またコメントの多さも、おじさんの優しさ、寛容さからでしょうね。

この前、バーソさんのコメント欄で、幽体離脱されたと知りました。
良かったですねぇ。
なんでもでしょうが……。
体験は知恵や、智慧になり、魂の進化に繋がりと思います。
また、その詳細記事を読ませてくださいね。(@^^)/~~~


風子さん、ありがとうございます。


風子さん、こんばんは(^^)

そうです、そうです。
おっしゃるとおりです。

日本の精神科医は、医師免許さえあれば
たとえ、カウンセリングなどの技術が
なくてもOKですので、あまり期待
できませんよね(>_<)

風子さんは、前からよくご存知のようですが、
私は、最近になって、精神疾患系の本を
読みだして、日本の精神科医は、
カウンセリングの訓練も受けていないことを
知って、驚きあきれました。





風子さんは、メニエールのような症状で
医師から出された薬を飲まなかったのですね。
おお!さすが、風子さんですね!

その後、原因を考察し、すぐに
行動に移されて、解決されたのですか!
症状が完治して、本当に良かったですね!\(^O^)/
風子さんの推理が的中したというわけですね。


風子さんの場合も、ご自身の直観が
一番のドクターだったようですね( ^ω^ )


低周波の被害も、抗がん剤の被害も
放射能、原発の被害も
大きな利権がからんでいますので
なかなか本当のことが公にされませんね(>_<)
本当に風子さんのご指摘の通りだと思います。




おっしゃるとおり、健康問題につきましては
私たち、患者側が賢くならないといけませんね。
健康問題は、医師や病院に丸投げすると
ひどい目に遭う可能性が高いですから(>_<)




風子さんおすすめの『ナチュラル・メディスン』
早速読んでみますね(^^)

前に教えていただいた『アミ 小さな宇宙人』
とても良かったです。なので、シリーズ本は
全部読ませていただきましたよ。
いつも有益な情報を教えて下さって
ありがとうございます<(_ _)>



ランキングとコメントの件
ほめて下さって、ありがとうございます<(_ _)>

これは、ひとえに、このブログを見て下さっている
おひとりおひとりのおかげだと
大変感謝しております。
風子さんも、本当にありがとうございます<(_ _)>



体外離脱についてですが・・・
ヘミシンクで体外離脱した経験は
一回しかないんです。
しかも、もう何年も前のことなんですよ( ^ω^; )

でも、その経験がけっこうおもしろいもの
でしたので、早く記事にしたいのですが、
なかなか絵が描けなくて、まだ記事にできて
おりません。

記事にしましたら、ぜひ
読みに来て下さいね!(^○^)/




今回のコメントを読ませていただきまして、
さすが、風子さんの洞察力と直観力は
ものすごいなぁと思いました。

今後とも、教え導いて下さると
大変うれしいです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

風子さん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

ちょっと、沈んでいるときにここにきてよかったです(^^)

こんにちは。

月詠の巫女さん、ありがとうございます。

月詠の巫女さん、こんばんは(^^)


ちょっと、沈んでおられたのですね(>_<)


記事を読んでいただいて、

少しは、気分転換になりましたでしょうか?


月詠の巫女さんが少しでも

元気になられることを願っております( ^ω^ )


月詠の巫女さん、
コメントありがとうございました(^-^)

こんばんは(^^)ブログおじゃまします(^^)
すごいコメント数ですね!みなさん、共感されてますね。
私も、早速、斎藤一人で検索してみました。
名言集がでてきて、すごく明るいいいことが書かれてました。
ふふふ、素敵ですね!本も図書館で借りてみようかなと思いました。新しい素敵な言葉との出会いは嬉しいです。
ありがとうございます😊

NaNaKoさん、ありがとうございます。

NaNaKoさん、こんばんは(^^)


たくさんの方からコメントをいただけて、
大変うれしく思っております。
ありがとうございます( ^ω^ )



斎藤一人さんで検索されたのですね。
一人さんの言葉って、素敵でしょう?
私も、一人さんの言葉で、どれだけ
助けられたかわかりません。


最近は、一人さんの話が
ネットで聴けるようですので、
検索して聴いてみられても
いいかもわかりませんよ。

もう、おもしろくて、
ゲラゲラ笑えて、
そして、ためになる・・・
そんな一人さんの話を
NaNaKoさんも楽しんで下さいませ。

もちろん、一人さんの本も良いですよ( ^ω^ )


NaNaKoさん、
コメントありがとうございました(^-^)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坊主おじさん

Author:坊主おじさん
ご訪問、ありがとうございます。
本や映画が好きなおじさんです。
気になった本の紹介等しています。

私の提供した情報は、鵜呑みに
されることなく、ぜひご自分自身で
よく考え、自己責任で判断なさって
下さい。特に健康に関することは
信頼できるお医者様とよく相談
なさって下さいね(^^)

リンク、大歓迎です(^○^)/
どうぞよろしくお願いします 。

このブログをリンクに追加

ユニークアクセス数