記事一覧

ケトン食ががんを消す



salmon-395793_960_720.jpg


『ケトン食ががんを消す』 

古川 健司 (著)を

読みました。














【 ケトン食とは何か? 】




ケトン食とは、

糖・炭水化物を減らし

脂肪を増やした食事で、

脂肪が分解されてケトン体が

体内で作られるものと

言われています。





本書の著者である

古川先生は、

極端な糖質制限

「ケトン食」とよんで

おられました。(P35)







【 ケトン体とは何か? 】P41~



ケトン体とは何か

について、

本書で詳しい説明が

されておりますが、

ちょっとむずかしいので、

ここでは、大ざっぱに

ケトン体とは、

脂肪からつくられる

エネルギー源


イメージして下さい。


470896.jpg







【 ケトン体の働き 】
P46~




ケトン体には、

それ自体に、

がんを誘発する酵素の

活性を低下させ、

炎症性物質の発現を

抑制する等の

抗がん作用

あるそうです。(P46)


470896.jpg




さらに、ケトン体が

出ることにより、

ある一定条件で

長寿遺伝子の

スイッチ
がはいる

ことがわかっている

そうです。(P50)



saibou_mitochondria.png



このスイッチが入ると、

ミトコンドリアの働きが

活性化し、同時に

DNAの修復も

推し進められる


とのことです。(P50)









【 ガンの大好物 】P25~



ガン細胞は、

炭水化物から作られる

ブドウ糖が大好きです。


596445.jpg



saibou_gan_cancer.png





なんと!

ガン細胞は、

正常細胞の3~8倍もの

ブドウ糖を取り込まないと

生きていけない
そうです。





saibou_gan_cancer.png

ゲへへへ

もっともっと糖質を

いっぱい食べるのだぁ


596445.jpg










【 正常な細胞の燃料は? 】



人間が生きていくための

エンジンは

2種類あります。


1つ目は、ブドウ糖を燃料にする

糖質エンジンです。


二つ目は、ケトン体を燃料にする

ケトン体エンジンです。



saibou_seijou.png



つまり・・・

人間の正常な細胞は

ブドウ糖もケトン体も

どちらも燃料にして

生きていける

ということですねo(^▽^)o



body_saibou.png






【 ガンを兵糧攻めにする 】





ガンは、ブドウ糖が

大好物ですし、

ブドウ糖がないと

基本的に生きて

いけないと

言われています。


saibou_gan_cancer.png





ということは、

糖質をとるのを控えて、

人間の二つのエンジンのうち

ケトン体エンジンの方を

使うようにすれば

ガンを兵糧攻めに

できるはずですよね。


470896.jpg







【 古川先生の免疫栄養ケトン食 】P130~




本書の著者である

古川先生は、

新たに明らかになった

栄養学を総合的に

組み合わせて、

ガン治療に特化した

栄養療法として

免疫栄養ケトン食

を確立されました。



免疫栄養ケトン食とは、

従来のケトン食

EPAタンパク質

強化したもので、

食の楽しみを

軽減させない工夫を

しておられるそうです。(P130)








【 感想のまとめ 】



本書では、

ガンを消すために

必要な情報が

ものすごくたくさん

書かれていました。



ガンを消すためには

ガン細胞について

知らなければなりません。


その点、本書では、

ガン細胞の弱点

逆に、やっかいなところ

について詳細な情報が

書かれていました。




また、ガン細胞を消すための

栄養学的な情報


非常にたくさん書かれており、

かなり読み応えが

ありましたo(^▽^)o





二人に一人がガンに

なると言われている現在、

一度は、本書を読んで

みられることを

おすすめいたします。






最後に気になった項目を

メモしておきますね( ^ω^ )





1章 ケトン食でなぜがんが消えるのか

 がん細胞も栄養を絶たれれば死に至る

 総ケトン体指数が一定以上の数値になると、がんが消える


2章 がん治療に必要な栄養とは?

 動物性の飽和脂肪酸の摂取は控える

 EPAはがん細胞を破壊する


3章 免疫栄養ケトン食とは何か?

 がん治療に効果的な食材、成分

 がん治療に効果的なおかず、間食、飲み物、主食


4章 免疫栄養ケトン食の効果をより高める方法

 基礎体温を上げる

 筋肉量をアップさせ、ミトコンドリアの数を増やす

 飢餓状態がミトコンドリアを増やす

 睡眠の質をあげる


5章 免疫栄養ケトン食の臨床研究結果

6章 免疫栄養ケトン食の献立










本書のアマゾンのページです。



『ケトン食ががんを消す』 古川 健司 (著)




アフィリエイトはしておりません(^-^)





今日も、最後まで

お読みいただきまして

ありがとうございました。














関連記事

コメント

ケトン食?

坊主おじさんさまおはようございます。
ケトン食? はじめて聞く名前ですね

詳細の記事を読ませてもらってその理屈が分かりました

私もケトンを効果的に取って、ガンを防ごうとも思いましたよv-91
勉強になりましたね☆

がちょーさん、ありがとうございます。

がちょーさん、おはようございます(^^)


たしかに、ケトン食って、
聞きなれませんよね( ^ω^; )

あ!
理屈がわかって下さいましたか!
それは、良かったです(^^)


ブドウ糖は、ガンのエサになる
ということを知っているだけで
かなり違ってきますよね( ^ω^; )


がちょーさん、
コメントありがとうございました(^-^)


No title

こんいちは、ミカンです。

ケトン体食って言うんですか。

一日一食生活で、空腹になると勝手に脂肪酸が分解されケトン体が出来て脳のエネルギー源になるんです。
そういった身体の仕組みによって、身体を健全に保とうとする力が働きます。
だから、お腹が空くと免疫システムが働いてるなって感じます。

ブドウ糖がガン細胞の餌になるのが分かっているのに、少食(または、ケトン体食)を試さない理由がないと思うんですけどね。

ミカン25929さん、ありがとうございます。

ミカンさん、こんにちは(^^)


おお!
もう、ミカンさんは、
1日1食を実践しておられるのですか?

なるほど!
一日一食生活で、空腹になると勝手に
脂肪酸が分解されケトン体が出来て
脳のエネルギー源になるのですね!

すばらしいですね!o(^▽^)o

おなかが空くと、免疫システムが
働いている感じがするのですね!


ミカンさんの食生活は、ガン予防に
なっておられますね。


そうなんですよね。
ブドウ糖がガンのエサになっているのが
わかっているのですから、
少食(または、ケトン体食)を試さない理由は
ないですよね!

おっしゃるとおりだと思います。


ちなみに、私は頭ではわかっているのですが、
なかなか実践できないダメダメ人間です( ^ω^; )

ついつい、
自分の弱さに負けてしまいます。・゚・(*ノД`*)・゚・。


ですから、ミカンさんのように
1日1食を実践されている方のことを
ものすごく尊敬しております<(_ _)>


ミカンさん、
コメントありがとうございました(^-^)



No title

こんにちは

良い本の紹介 ありがとうございます


がんの栄養が糖分ってのは 最近はよく目にするのに
みんな「脳の栄養」とか「血糖値を上げる」とか言って
甘いものをバンバン食べていますよね

見るたびに心配になってしまいます


私は一日1.5食で お昼だけお腹いっぱい食べて
朝抜き 夜は野菜や果物だけ(たまーにご飯も食べる)生活です

朝の10時ごろからお腹が減るけど
「お腹が減るのはいいことで 成長ホルモン放出中」と我慢していますよ

坊主おじさん様こんばんは☆

いつも勉強になるブログ記事をありがとうございます(*^^*)

ガンはブドウ糖が大好き、、、、そうなんですよねー・・・頭では分かっているのですがつい甘いものを食べてしまう私。。。笑
完全に脳が甘いものにやられています(/_;)

乳がん患者さんも朝食にパンを食べる方が多いと聞いて、一時期パンを減らした時期があったのですが、最近は普通に食べるようになってしまいました(^^;)

でもブログ記事を読んで再度頭に入ったので、もう少し意識してみようかなと思います!

健康を意識しつつ、食べることも楽しめるよう、良いあんばいを探しま~す(^^)

No title

がんはこわいですね~
まずはブドウ糖をとりすぎないようにしようかな?

まつじゅんさん、ありがとうございます。

まつじゅんさん、おはようございます(^^)


最近の読書で、いかに糖質が
健康に良くないかが痛いほど
わかるようになってきました。


ガンがブドウ糖をエサにする
ということがわかっていても
甘いものをたくさん食べてしまうのは、
自分には関係ないと思う方が
多いのでしょうね( ^ω^; )


まつじゅんさんは、
一日1.5食で お昼だけ
お腹いっぱい食べられるのですね。
とっても健康に良い食生活だと思います。

私は、まだまだ食べ過ぎ太り過ぎです(涙)
まつじゅんさんを見習わなくっちゃ。


そうそう、おなかが減るのは
とっても良いことですよね!


どうしたら、弱い自分に勝って
まつじゅんさんやミカンさんのような
食生活ができるのでしょうか?。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ただ、ただ、反省しております<(_ _)>


まつじゅんさん、
コメントありがとうございました(^-^)



SESOちゃん、ありがとうございます。

SESOちゃん、おはようございます(^^)


そうそう、わかりますよぉ(^○^)/

私も、頭ではわかっているのですが、
ついつい甘いものを食べてしまいます。

私などは、もう年配ですので、
糖質制限した方がいいのですが・・・( ^ω^; )



SESOちゃんは、まだお若いので、
甘いものの食べ過ぎに注意されたら
いいのかもわかりませんね。

自分へのごほうびも必要ですし、
どうしても甘いものを食べたいときは
血糖値が一気に上がらないように
なにか血糖値があがりにくいものを
事前に食べるとか、ちょっとした工夫で
健康を守れると思います。


パンも美味しいですよね。
あまり我慢しすぎるのも
ストレスになって良くありませんので
SESOちゃんのおっしゃるとおり
いいあんばいを探して、ご自身の健康を
守って下さいね。


今日、SESOちゃんのブログで
書いておられた入浴は、とても
良い健康法だと思いました(^^)


SESOちゃん、
コメントありがとうございました(^-^)




ころこさん、ありがとうございます。

ころこさん、おはようございます(^^)


そうですね。
ガンは怖いですね(>_<)

ブドウ糖は、ガンのえさになりますので
糖質をとるのは、できる範囲で
控えた方がいいようですね(^^)


ころこさん、
コメントありがとうございました(^-^)

断食も!

貴重なお話、ありがとうございます。

断食をしてもケトン体は作られるらしいですね。
ぼくは普段は炭水化物を普通にとる食事をしてますが、年に数回、2~3日くらいの断食をします。

ガンに効くかどうかは知りませんでしたが、重度の花粉症が断食だけで治ったんで、体にすごくいいものだと思ってます。

ケトン食は野菜食にもつながりますね

>人間の二つのエンジンのうち
ケトン体エンジンの方を
使うようにすれば
ガンを兵糧攻めに
できるはずですよね。

〇なるほど理論的で説得力がありますね。
 たいへん勉強になりました。
 そして、ケトン食は野菜食にもつながりますね(笑)。

ご紹介、ありがとうございます。

こんばんは。
興味深い新刊のご紹介、ありがとうございます。
友人たちの中には現在闘病中の人もいるので、アマゾンのページの詳しいコメントとともにしっかり読ませていただきました。
食事に関しては無頓着な人も多いので、健康に生活する上で一番位に大切な自分の体に入れるものにもっともっと注意を払わなければなりませんね。
前記事の星々のお話もとっても素敵でした。
感謝!

坊主おじさんさまへ

こんにちは!

いつもの朝食は
野菜スープ&トーストか
野菜おかゆにしているのですが

昨日、ここの記事を読んで
今朝からにんじん&りんごの
生のジュースにしてみました。

いつもはしない
ガガガ~~っという
ミキサー音で
夫と息子を起したようです。

ケトン体は
うつ病にも関係しているみたいなので
ちょっと続けてみたいと思います。

いつも貴重な情報をありがとうございます!

イシヅカタツヤさん、ありがとうございます。

イシヅカタツヤさん、こんばんは(^^)


おお!
石塚さん、すごい!
年に数回、2~3日くらいの断食をされるのですか!
意志がかなりお強いのですね!

おっしゃるとおり、断食すると
ケトン体エンジンが稼働すると思います。

断食で花粉症を治されたとは!
すごい体験をお持ちですね!

断食は、体をリフレッシュするのでしょうねo(^▽^)o


貴重な体験をシェアして下さって
ありがとうございました<(_ _)>


石塚さん、
コメントありがとうございました(^-^)

ささげくんさん、ありがとうございます。

ささげくんさん、こんばんは(^^)


理論的で説得力があると
おっしゃって下さって
ありがとうございます<(_ _)>


そうですね。
ケトン食は、糖質をかなり制限して
タンパク質や脂質に加えてビタミン、ミネラルを
摂ることになりますので、
新鮮な野菜食にもつながるのでしょうね(^^)


ささげくんさん、
コメントありがとうございました(^-^)

yokoblueplanetさん、ありがとうございます。

yokoblueplanetさん、こんばんは(^^)

そうですか。
ご友人に闘病中の方もおられるのですね(>_<)

本来でしたら、ガン患者の方が入院されている場合は
糖質制限の病院食が望ましいと個人的には思いますが、
残念ながら、食事で治療するという意識が
まだまだ低いところが多いように感じますね。

ご友人様の回復を心から願っております<(_ _)>



星々の記事も、読んで下さって
ありがとうございました(^^)

夜空のきれいな星をながめていると
心が洗われるように感じますね。


yokoblueplanetさん、
コメントありがとうございました(^-^)


iomamaさん、ありがとうございます。

iomamaさん、こんばんは(^^)


おお!
早速、食事を変更されたのですね!

さすが、iomamaさん、
行動力、抜群ですね!

すごい!
にんじん&りんごの
生のジュースにされたのですか!

抗がんジュースですね!
とても体に良いと思いますよo(^▽^)o


いつもiomamaさんのブログを
読ませていただいて思うのですが、
iomamaさんのように健康を気遣って下さる
奥様がおられて、iomamaさんの旦那様は、
ものすごく幸せな方だなぁって思います。




糖質による血糖値の乱高下は
うつ病にも関係する場合があると
思いますので、無理のない範囲で
糖質を制限された方がいいかも
わかりませんね。

糖質をとるにしても、
血糖値が一気に上がらなような
食べ方を心がけられるだけで
かなりちがうのではないかと思います。


iomamaさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

坊主おじさまこんにちは☆
いつも大変為になる記事ありがとうございます(*´∀`*)
また、勉強させていただきました。
私はケトン食というものを初めて知りました。
坊主おじさまの記事を読んでいると、まるで読書をしているような気持ちになり、とても落ち着きます。
そして、記事を読み終えた頃には、紹介されている本が読みたくて読みたくて、たまらなくなります(*^ω^*)

父親が癌になってから、自分が鬱になってから、食にとても興味があります。。もっともっと勉強せねばなりませんね。
食事を作るのは私ですから、母は責任重大(^^;;笑

kobuchoroさん、ありがとうございます。

kobuchoroさん、こんばんは(^^)

こちらこそ、いつも素敵なコメントを
ありがとうございます<(_ _)>

ケトン食という言葉は
たしかに聞きなれませんよね( ^ω^; )





私の記事を読むと、とても落ち着くと
おっしゃって下さって、ありがとうございます。
もう、むちゃくちゃうれしいですよ!o(^▽^)o


私のブログで紹介した本の中で
お読みになりたい本がありましたら、
図書館で予約する等して
ぜひ、どんどん読んでみて下さいね。





そうですね。
健康の基礎・基盤は、食事にあると思いますので、
たしかに、お母さんの責任は重大かも( ^ω^; )

でも、そんなに気負わないで、
気楽に楽しく考えて下さいね。


kobuchoroさんなら、大丈夫!
体調も良くなってきておられますし、
たくさんご苦労された分、健康には
非常に高い意識を持っておられますので、
すばらしいお母さんになられることと
私は、確信しております。


kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)

お疲れ様です。

坊主おじさまこんにちは☆
度々すみません(^^;;
私は、色々な本を読むことで知識を得ていますが、時々混乱することがあるのです。
それは、こちらではいいと書かれていたことが、別の本ではダメと書かれていたりするからです。
情報の取捨選択は中々難しく…
坊主おじさまは、このように感じられた事はおありでしょうか?(^^;;

kobuchoroさん、ありがとうございます。

kobuchoroさん、こんにちは(^^)


kobuchoroさん、
たくさん本を読んでおられるのですねo(^▽^)o

たしかに、こちらではいいと書かれていたことが、
別の本ではダメと書かれていることは
いくらでもありますよね。

たとえば、今回の記事で
ケトン体を出すことは良いことだ
という趣旨の内容を紹介しておりますが、
ケトン体は、危険だという見解も存在します。


ある見解に対して、全く反対の見解を知った時は
考えるチャンスがやってきたぞと捉えられたら
いかがでしょう?

特に医学的情報については、
正反対の見解が存在することは
けっこう多いような気がいたします。


ですので、正反対の見解があって当り前。
さて、どちらが信用できそうかなと
考えるのです。

私の場合は、自分のこれまでの経験と
直観で、こちらの見解が信用できそうだ
という感じで判断しております。

もちろん、私の判断が間違っている
可能性もあるかと思います。

自分の間違いに気づいたら
前の見解にこだわらずに
すみやかに修正しようと思います( ^ω^; )


こんな感じで・・・
kobuchoroさんの疑問に
答えることができましたでしょうか?


kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)


こんにちは。

坊主おじさま、お忙しい中私の質問にお答えいただきありがとうございました(*´∀`*)
私もそのように考えていこうと思います。
そうなのです…医学的情報には、真逆の見解が必ずあるのです。
自分が何を信じるか…
柔軟に対応していきたいと思います。
ありがとうございました(((o(*゚▽゚*)o)))

No title

ケトン食の勉強になりました(*^。^*)
我が家は炭水化物大好きなので(^_^;)気をつけなきゃです☆
お父様、たまにお顔が見れて嬉しいですね☆
コメント有難うございました~♪可愛い軍手は雑貨売り場で購入しました~(#^.^#)

kobuchoroさん、ありがとうございます。

kobuchoroさん、こんにちは(^^)


あ、いえいえ・・・
ご質問の答えになっていましたでしょうか?( ^ω^; )


特に、医学的知識は、
かつて正しいと言われていたことが
今では、間違っていることがわかったり
ということがありますよね。

ですので、今言われている医学情報も
後に否定されることもありえますので、
そのあたりは、柔軟に見ていかれたら
どうかなと思います。



医学情報を考えるのに、日ごろから
お医者様のブログも読んでおかれたら
いかがでしょうか。

たがしゅう先生のブログ

 http://tagashuu.blog.fc2.com/

外科医の先生のブログ

 http://blog.livedoor.jp/skado1981/


お二人とも、非常に読み応えのあるブログを
書いておられますよ( ^ω^ )


kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)


アンジュままさん、ありがとうございます。

アンジュままさん、こんにちは(^^)


炭水化物、美味しいですものね。
なかなかやめられませんよね。
私も、炭水化物が大好きなので、
お気持ちは、よくわかりますよ。


でも、いざという時は、
この記事のことを思い出して
みて下さいね(^^)


あんじゅちゃん、
軍転をスンスンクイクイして
とってもかわゆかったですね(^^)


アンジュままさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

こんばんは

今日は2度目です、すみません
”ケント体”ですネ!
自分なりに色いろ工夫して野菜をもっと沢山摂取し
頑張りたいと思います。
糖質も控えないと・・・ネ。
ありがとうございました。 <(_ _)>

青空さん、ありがとうございます。

青空さん、おはようございます(^^)

コメントは何度でも
大歓迎ですよo(^▽^)o
いつもありがとうございます。


そうですね!
野菜や良質な脂質とたんぱく質を
しっかりと摂ることが大切ですよね。

そうそう、
できれば糖質は控えた方が
健康にいいのでしょうね( ^ω^ )


青空さん、
コメントありがとうございました(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坊主おじさん

Author:坊主おじさん
ご訪問、ありがとうございます。
本や映画が好きなおじさんです。
気になった本の紹介等しています。

私の提供した情報は、鵜呑みに
されることなく、ぜひご自分自身で
よく考え、自己責任で判断なさって
下さい。特に健康に関することは
信頼できるお医者様とよく相談
なさって下さいね(^^)

リンク、大歓迎です(^○^)/
どうぞよろしくお願いします 。

このブログをリンクに追加

ユニークアクセス数