記事一覧

油を断てばアトピーはここまで治る


f73564c992a8ec53a6efa63dfc80d4c7_s.jpg



『油を断てばアトピーはここまで治る』

永田 良隆 (著)を読みました。











【 著者の永田先生について 】



著者の永田先生は、

下関市立中央病院

お医者様で、医学博士

でいらっしゃいます。




下関市立中央病院は

公立の病院で

今まで1万人以上

アトピーを治してきた

実績があるそうです。(P1)








一万人モ

治シタンダ!

スゴイヤ

。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.










【 アトピーとは、いったい何なのか? 】





著者の永田先生によりますと・・・




185426.jpg



アトピーとは、

「消化しきれなかった食べ物が

皮膚に噴き出したもの」
(P1)

だそうです。







ヤッパリ・・・

食ベ物ガ・・・

ゲンイン・・・

ダッタンダネ

(`・ω・´)









【 アトピーを治すための手順その① 】P10~ 




著者の永田先生は、

アトピー性皮膚炎を

皮膚の上で起きている「火事」

に喩えておられます。


皮膚の上の火事を

まず消さなくては

どんどん広がって

いきます。



そこで、

火事を消すための手順①は、

『火事』の燃料を絶ちます。



火事(アトピー性皮膚炎)の燃料とは

高カロリーの植物油

216583.jpg




食べ過ぎた動物性たんぱく質

だそうです。

543806.jpg






火事(アトピー)を消すためには

まず、アトピーの燃料にならない

食事に変えることが必要


なようです。(P11)





food_nabe.png






(゜ー゜)(。_。)ウンウン

ヤッパリ・・・

ムカシナガラノ・・・

ワショクガ・・・

イイノカナ・・・










【 手順その② 消化する 】P12~ 



まずは、現実に

皮膚の上で起こっている

火事を消さなくてはなりません。



494643.jpg




永田先生によりますと、

大火事にバケツの水をかけても

火を消すことができない(P12)

とのこと。




ゆえに、まず

強いステロイドで「火事」を消し、

徐々に弱いものに変えていく


というやり方で、

かゆみの症状をおさえるそうです。(P64)

syoukakunren.png






ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

ナ・・・

ナルホド・・・

逆転ノ発想ダァ!


超強力消火剤デ・・・

一気ニ・・・

消化シテシマウンダネ











【 手順その③ 皮膚を再生させる 】P14~ 




手順の三つめは、

ステロイド剤で火事を

いったんおさめている間に

食事を変えて

アトピー体質の改善をはかる


ということです。







オオ!

ココガ

大切ナ

ポイント

ダヨネ!

('∀'*)









皮膚再生の早い乳幼児で

1~2週間


学童で

2~4週間


大人の重症患者でも

3~6カ月

で、結果が出るそうです。









【 なぜ、ステロイドを使うのか? 】P66




著者の永田先生によりますと、

ステロイド剤を使うのには、

二つ理由があるといいます。



一つ目は、

再生しかけている皮膚を

ひっかいてダメにしてしまわないため。



皮膚表面が傷つくと

いつまでも炎症が治らないからです。



二つ目は、

グッスリと眠るため。


安眠できれば、

皮膚は驚くほど早く

きれいに再生するそうです。










ステロイド剤を使う上での

リバウンドなどの危険性

への考え方については、

本書のP61からP66に

かけて、丁寧に説明が

されていました。




結論を言えば、

正しい食事療法を

根本において治療

している限り、


神経質になる必要は

ないようです。




この点について

興味のある方は

直接本書をお読み下さいね(^^)







【 感想のまとめ 】




本書を読んで、まず感じたのは

永田先生の確固たる自信です。


これは、1万人以上の

アトピー患者さんを

実際に治療してこられた

実績からくるものなのだろう

と感じました。



永田先生は、アトピーの

強烈なかゆみをとるのに

ステロイド剤を使って

おられますが、

それは、あくまでも

一時的な補助手段

としてのようです。





永田先生ご自身が

「治療のメインは食事であって、

ステロイド剤は、あくまでも

手助けにすぎません。」
(P66)

と言いきっておられます。





では、具体的に

どのような食事に

変えていったらよいのか?





これにつきましては、

軽症、中等症、重症、最重症

の4段階に分けて


本書の中で、こと細かに

情報が記載されておりました。




また、ステロイド剤の選び方

ぬり方についての情報も豊富です。









なぜ、

植物油や動物性たんぱく質

をとり過ぎると、

アトピー体質になるのか?



この点についても

本書のP26~P36に

詳しい説明が書かれて

いました。








本書は、アトピー性皮膚炎を

治すための非常に実践的な

情報が記載されている本
だと

思いました。




私は・・・

本書に付箋を貼りながら

読んでいると、

付箋だらけに

なってしまいました( ^ω^; )








アトピー性皮膚炎で悩んで

おられる方やそのご家族に

おすすめいたします。








本書のアマゾンのページです。



『油を断てばアトピーはここまで治る』

永田 良隆 (著)






アフィリエイトはしておりません(^-^)








今日も、最後まで

お読みいただきまして

ありがとうございました。
















関連記事

コメント

おはようございます

そうだったのですか!
油やめたらアトピーがよくなる。
うーむ、私は油大好きなので、ムリかな~?
背油 ラー油 ごま油大好きなので難しいかも知れませんv-12

がちょーさん、ありがとうございます。


がちょーさん、おはようございます(^^)


油といいましても、
全部の油をやめないといけないわけでは
ないみたいですよ。

主に症状がでるのが植物油ですね。
具体的には、サフラワー油、ごま油
ひまわり油など、植物油全般みたいです。(P41)


実は、私自身も、アトピーの症状があり、
皮膚をひっかいて、体の表面が
血だらけになるくらい
ひどいときがありました。

(実際に皮膚科で診断を受けたわけでは
ありませんが、たぶん、アトピーではないかと
思います。症状の程度は、中等度くらいです。)


ところが、この本のとおり、
一週間だけ試してみたら、
何とかゆみが止まり、皮膚も再生
しはじめました!

もちろん、何の薬もつけておりません。

実際に実験してみて、
おお!
この本、すごすぎる!
と思いました。


ですから、
がちょーさんにも、直接本書を取り寄せて
読んでみられることをおすすめします。


実際に1週間だけでも、やってみられて
効果があったら、お気持ちも変わる
かもわかりませんしね(^^)


大好きなラーメンのごま油は、
アトピーを治したら、また
食べられると思いますよ。

がちょーさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

こんにちは

アトピーに対する食事療法的な話は
よく耳にしますね、確かに。自分も
高校生の頃、アトピーで悩んでいたこと
があり、頭皮がかさかさになり随分苦労
しました。原因は今思えば明らかに
ストレスで地元にある国立病院に通ったり
しましたが一向に改善せず、結局、地元で
やぶ医者扱いされている医院に通って直り
ました。処方されたのはごくごく普通の
塗り薬でしたが、なんとなく良くなってき
ているのが分かりました。その頃はストレス
になる原因も遠ざかり、精神的に楽になった
ことも直る要因であったのではと思います。

アトピーで苦しんでいる人は多く、原因もいろいろ
あるでしょうから、なるべく早く原因や直るきっかけ
に辿りつくことが、苦悩から解放される一番の近道では
と思います。

No title

こんにちは。

有難うございます。
大変参考になりました。

惣菜類に頼りがちですが、どうしても揚げ物が
多くなります。
結果、油や動物性蛋白質の摂取量が増えて
しまっています。

魚類をバランスよく摂取すれば良いのでしょう。
メニューを再考しなければなりません(;´・ω・)

No title

こんにちは

体調が回復されたのですね
安心しました

本のこと
アトピーではないのだけど
旦那も足に一部ひどい状態のところがあります

市販のステロイド系の薬を塗ったり
保湿剤を塗ったり いろいろ試しているようだけど
もう何年も治らず ジミーに広がっている気がします

肉食かアルコールを止めてみれば?と言っても聞かないのですよ
油もビトビトになるくらい使っているようです

食べたのもで体はできているのだから
食べているものに下人があるのは間違いないと思うのだけど 聞き入れてくれず(汗

今度本を探して読ませてみます

ありがとうございました

よっチさん、ありがとうございます。


よっチさん、こんにちは(^^)


おお!
よっチさんも、高校生の時に
アトピーで悩まれていましたか(>_<)

結局、地元のお医者様の元で
平凡な薬を塗りながら治癒されたのですね。

よっチさんのケースの場合は
心のストレスが大きかったのでしょうね。


アトピーの原因も、その人によって
十人十色でしょうから、いろいろと
原因やそれに対する治療法、そして
食生活等の生活習慣の見直しを検討することが
必要なのかもわかりませんね。



実は、私も、腕から足まで、すごいかゆみに
おそわれて大変だったのですが、
本書のやり方を一週間だけ試してみると
見事に、かゆみが少なくなり、
肌も再生してきて、ビックリしています。

私のケースの場合は、本書のやり方が
合ったようですo(^▽^)o



よっチさん、新たな視点からの
ケースを紹介して下さり、
ありがとうございました(^^)<(_ _)>


ichanさん、ありがとうございます。


ichanさん、こんにちは(^^)


そうなんですよね。
惣菜類が、なかなかくせものなのです。
どうしても加工商品の中には、
品質の悪い油がけっこう入っていたりしますので、
もし、どうしても、惣菜を買わなければいけない時は
焼き魚などの単純なものを考えた方がいいかもわかりませんね(>_<)


私も、今、自分のメニューを再考しているところです。

食事を少し変えることで、かゆみが減ることを
経験してしまうと、俄然、やる気が出てきますよ(笑)


ichanさん、
本書は、かなり良い本だと思います。

ぜひ、手に取って、直接、じっくりと
読んでみられることをおすすめします。


ichanさん、
コメントありがとうございました(^-^)

まつじゅんさん、ありがとうございます。


まつじゅんさん、こんにちは(^^)


やさしいお見舞いのお言葉
ありがとうございますo(^▽^)o

まだ少し咳が出ていますが
おかげさまで、ほぼ元気に
なりました。


実は、私の食生活、
かなりひどいものでして、
油いため系やお肉系も、結構好きで
よく食べておりました。

ところが、悪しき食生活を続けてきたせいか、
最近、腕、背中、胸、おなか、足、
要するに、ほとんど全身がかゆくなり、
かゆいものですから、ついつい
かきむしったりして、ひどい状態に
なっておりました。


ところがです、この本を読んで
1週間、食生活を変えて実験をしたところ、
かゆみがほとんど出なくなり、
かきむしった傷も、だんだんきれいに
なってきました。
これには大変驚きました。

薬は一切ぬってないんですよ!

私の場合は、卵の食べ過ぎも
原因の一つかなと思いました。




旦那様のケースの場合、おそらく
植物油や動物性たんぱく質の
とり過ぎが関係しているのかも
わかりませんね(>_<)

旦那様が本書を読まれたら、
まつじゅんさんの指摘がいかに正しいか
わかっていただけるかも( ^ω^; )



まつじゅんさん、
コメントありがとうございました(^-^)




No title

アトピーは自分が食べて来たもので発症してしまうのですね☆アトピーの体質ではありませんが、何かにつけ食生活の重要さを感じますね☆
油ものは頻繁にやりませんが、外食したり、手軽にお総菜買ったり、お菓子を食べたりと結構思ってる以上に口に入ってる気がします^_^;
その分、野菜を多くとるように心がけたいですね(*^_^*)ちなみに夕べは唐揚げにせんキャベツでした(*^。^*)

アンジュままさん、ありがとうございます。


アンジュままさん、こんばんは(^^)

そうなんです。
アトピーは自分が食べて来たもので
発症してしまうみたいですね(>_<)


普段とっている食べ物と
あと、その方の体質もあるのでしょうね。


アンジュままさんのおっしゃるとおり、
食生活は、健康を守る上で
本当に大切な要素だと思います。


私自身、食事がなっておりませんでしたので、
今回は、反省する良い機会になりました。


アンジュままさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

こんにちは!

油抜きは辛いわね 〜笑)

私は 揚げ物に使用した油は その都度捨ててしまいます。

小さめのお鍋に油を1センチ程入れて 両面をサッと揚げ
その後 グリルで焼きますと 油が落ちて比較的サッパリ
した揚げ物を食べられますよ。

でも ヤッパリ太るから週二回が限度かしらん?

その所為かどうか 分からないけど
アトピーにはなったこと無いわね〜⭐️

要は取り過ぎは体に毒と言う事ですね?

今晩は。
要は取り過ぎると体に毒と言う事でしょうか?
何事も程々が一番ですね?
食事もバランスよくがアレルギーに効くような気がするのは私だけでしょうか?
でも油もとりなさ過ぎも体にはよくないそうなので本当に注意ですね?

坊主おじさん様こんばんは☆

体調回復されたのですね!
よかったです(*^^*)

やはり大事なのは毎日の習慣(食事)なのですね(>_<)
お薬は手助けにすぎないんだよ~ってところが重要ですね!

実は私も最近低血糖症なんじゃないかという疑いがありまして、、、(^^;)
無農薬で自然栽培のドクダミ茶(粉末タイプ)を購入して飲んでみたり、朝一番に口に入れるものの順番を気を付けたりしています。
父が糖尿病なので家系的にも気を付けないとです~・・。

食事は毎日のことだからこそ気を付けたいですね(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

優さん、ありがとうございます。


優さん、こんばんは(^^)


おお!
優さんの揚げ物料理の手際
無駄がないですね!
すばらしいですo(^▽^)o


油を絶つとありますが、
すべての油を絶つわけではないのです。

植物油は、基本×ですが
いためものには、オリーブ油は
かろうじて使ってもよさそうです。

さらに、エゴマ油などのオメガ3と
言われる油は積極的にとった方がよいみたいです。

あと青魚の油も良いみたいですよ。


優さんは、お料理も上手でいらっしゃるのですね!


優さん、
コメントありがとうございました(^-^)

さーやさん、ありがとうございます。


さーやさん、こんばんは(^^)


うんうん、おっしゃるとおりだと思います。
植物油や動物性たんぱく質のとり過ぎが
よくないようですね(>_<)

おっしゃるとおり、油もとらないと
健康によくありませんよね。

ですから、オメガ3と言われているエゴマ油や
青魚の魚油などをとるようにするといいみたいですよ(^^)


さーやさん、
コメントありがとうございました(^-^)

SESOちゃん、ありがとうございます。


SESOちゃん、こんばんは(^^)

やさしいお見舞いのお言葉
ありがとうございます!
おかげさまで、元気になりましたo(^▽^)o


うんうん、そうなんですよね。
結局は、毎日の食事が大切なんですよね!

SESOちゃんは、毎日のように
ごちそうを食べておられるので、
実は、心配していました。

ちょっと、ここで立ち止まって
ご自身の食事をチェックされるといいかもわかりませんね。

血糖値が急上昇しないように
野菜→タンパク質→味噌汁→最後に糖質
できれば、白米ではなく玄米にするとか
普通のパンではなく、ブランのパンにするとか
糖質のものについても血糖値がゆっくりと
あがるものにされるといいかもわかりません。

SESOちゃんの場合は、ご自分で
気がついておられますので、
大丈夫だと思いますよ!

ドクダミ茶は、美味しいですね。
私も、昨日から飲み始めていて
美味しいので、ビックリしているところです。

SESOちゃん、
コメントありがとうございました(^-^)

鍵コメさん、ありがとうございます。


ご心配をおかけしてしまって
申し訳ありません。

また、何かありましたら
ご報告させていただきますね。

いつもありがとうございます<(_ _)>

読ませていただきました〜!

アトピーに関するご本の紹介、
ありがとうございました m(_ _)m

おじさまの記事もアマゾンのレビューも
端から端まで
丁寧に丁寧に読ませて頂きました。

このご本への「感謝の気持ちの数々」も
読ませて頂きましたよ!

昨夜こちらの方に書き始め
とても長くなってしまいました。

次回の私の記事は
アトピーの続きとなりますので、
慎みまして(?)移動後に
昨夜の分も含めて
続きを書いて行きたいと思います。
マイペースですが・・・。

坊主おじさま、
改めまして、
本のご紹介をありがとうございました ლ(╹◡╹ლ) 

HeartLibertyさん、ありがとうございます。


HeartLibertyさん、こんにちは(^^)


いえいえ、私には、実体験がないので、
良いなと思った本の紹介をすること
ぐらいしかできません。

どんな本でもそうですが
100%の本というのは
なかなかないのではないでしょうか?

私は、それぞれの本から
優れたところを学んでいければ
それでよいのかなと思っております( ^ω^; )





HeartLibertyさんの場合は、
最重症のアトピーを根治された
実体験がおありですので、
迫力と説得力が全然ちがいますよねo(^▽^)o

HeartLibertyさんのブログの
アトピーの記事の続編
大変、楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


HeartLibertyさん、
コメントありがとうございました(^-^)

こんにちは☆

体調少し落ち着かれたようで何よりです(*´꒳`*)
油…体に悪そうですよね。
私はフライパンや鍋はT–falを使っているのですが、油はひかずに調理します。
肉も豚や牛のこま切れを使用することもありますが、脂はとってしまいます(^^;)
我が家には、油がほとんどなく、少量のごま油とオリーブオイルがありますね(^^;)

私は、天ぷらが大好きなので、たまーに外食などで天ぷら定食食べますが…(●´ω`●)
先日は、主人からナゲットが食べたいとリクエストがあり、少量のオリーブオイルで揚げ焼きにしました♪

また、一つお勉強になりました。
いつもありがとうございます☆
以前ご紹介して下さったアトピーの本…
図書館に取り扱いがなく、今図書館で取り寄せてもらっているのですが、まだ届かず…
もうすぐ2週間になるのになあ…(。-_-。)早く読みたい…

No title

坊主おじさん様
こんにちは!植物油は良くないって言いますよね(^^;)
わが家では米油を使っています♪ちょっとお値段はお高めですが。
今回の記事もとても参考になりました。ありがとうございました(*^^)v

kobuchoroさん、ありがとうございます。


kobuchoroさん、こんばんは(^^)


やさしいお見舞いのお言葉
ありがとうございます。
おかげさまで、元気になりましたo(^▽^)o


おお!
そうですか!
もともと油の少ない生活をしておられるのですね!

本書によると、アトピーは、
直物油と動物性たんぱく質のとり過ぎが
原因のようです。

まるで換気扇にこびりつくように
アラキドン酸というものが細胞膜に
こびりついているらしいです。
それを肌から排出しようとして
かゆみの元ができるそうですよ。



この前、ご紹介した本は、
ステロイドに起因する重症アトピーが
あることやステロイドをだらだらと
使う怖さ等について学ぶことが
できました。


今回、ご紹介した本は
また、別の角度から、非常に実践的な
情報をたくさん学ぶことができます。

kobuchoroさん、この本は
ぜひ、お読みになることをおすすめ
いたします。

お子様のためにも知っておかれた方がよい
必須の情報がたくさん見つかると思いますよo(^▽^)o

アトピーになる仕組みがよくわかると思います。



kobuchoroさんが元気そうにしておられるのが
何よりも、うれしく思います。

kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)

富士真紀子さん、ありがとうございます。


富士真紀子さん、こんばんは(^^)


植物油といいましても、
たくさんの種類があるようですね。

植物油の中の何が問題になるかというと
リノール酸というものが多ければ多いほど
よくないみたいです。

たとえば、紅花油は、76.4%で、かなり
多い油になります(>_<)

ひまわり油は、69.9%
ごま油は、44.8%という感じで
リノール酸の割合が多いほど
危ない油ということらしいです。(P41)


良い油は、シソ油やエゴマ油などが
挙げられていました(^^)

富士真紀子さん、
コメントありがとうございました(^-^)

やっとコメントできた^^

アレルギー、アトピー性皮膚炎に関しての記事
ありがとうございます。

いつも参考にさせて頂いています。

ダリルジョンさん、ありがとうございます。


ダリルジョンさん、おはようございます(^^)

記事を参考にして下さって
ありがとうございます。

この記事は、本書を読んでいただくためのもので、
情報としては、少なすぎますので、
もしも、アレルギーやアトピー性皮膚炎に関する情報を
必要としておられるのでしたら、
本書を直接手にとって、お読み下さいね(^^)

ダリルジョンさん、
コメントありがとうございました(^-^)

坊主おじさんさまへ

こんにちは。
その後お体は完全に良くなりましたか?

油のこと..
私が結婚する前から
良くないとは聞いていました。

ですがサラダ油はダメだけど
ゴマ油とオリーブオイルは
大丈夫と聞いていました。

どうしても油を使うときもありますが
極力使わないようにはしています。

でも..息子は仕事で外食も多く
サラダ油もラードも食べてしまっていますね^^;

詳しく知るために、教えて頂いた本を
今、図書館に予約入れています。

坊主おじさん
ありがとうございます!

にんじんジュース
今も続いています(⌒-⌒)
何だか良いみたいです!

iomamaさん、ありがとうございます。


iomamaさん、こんばんは(^^)


ありがとうございます。
おかげさまで、元気になりました\(^O^)/


そうなんですよね。
どうやら、サラダ油は、よくないようです(>_<)

本書を元にして言いますと
ゴマ油も、とり過ぎるとよくないようですね。

オリーブ油は、よくもわるくもないという感じでしょうか。


油が全部ダメということではなく、
植物油の中で一定のものは、とり過ぎると
よくないようですね。


著作権の関係で、私は、本書を紹介するのに
必要最低限のことしか書けませんので、
直接、本書を読んでいただいて
しっかりとした知識を学んでいただくのが
一番いいです。


iomamaさんは、フットワークが軽く
サッと、本を取り寄せて読まれるので、
いつもすごい方だなぁと思っています。


にんじんジュース、続いておられるのですね!
さすがですね!
健康に良いと思いますよ!

iomamaさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

油の取り過ぎで
ひどい湿疹になってしまった
ワンちゃんのことを
記事に追加しました。
(コメントのお返事にも・・・)

おじさまのコメントを読んでいるときに
アメリカで見かけた可哀想な犬のことを
ふと思い出しました・・・。

いつもありがとうございますヽ(*´∀`)ノ゚

HeartLibertyさん、ありがとうございます。


HeartLibertyさん、こんにちは(^^)

油のとり過ぎで
ひどい湿疹になってしまった
ワンちゃんの話、読ませていただきました。

ワンちゃんには何の罪もないのに
本当にかわいそうですね(>_<)


人間でも、油や食べ物が原因で
皮膚炎になることを知る人が少ないのに
まして、その飼い主さんは、
油っぽいピザが皮膚炎の原因だとは
気づかないでしょうね(>_<)


食の問題は、根深い問題だと
感じました。


HeartLibertyさん、
コメントありがとうございました(^-^)


坊主おじさんへ

こんにちは!

今日やっと図書館から連絡が来て
「油を断てばアトピーはここまで治る」を
借りてくることが出来ました。

早速読んでみようと思います。

先日、実家へ行きましたら
姉が「小麦粉を止めた」と言っていました。

小麦粉と言えば
パンもうどんもパスタも10割蕎麦じゃないお蕎麦も
いろんなものに使われていますが
私も、意識するようになりました。

ではでは、体に良いことに向かって..

GOGO!(o^∇^o)ノ

いつもありがとうございます!

iomamaさん、ありがとうございます。


iomamaさん、こんばんは(^^)

おお!
本書が手元にきましたか!

とても良い本だと思います。
じっくりとお読みになって下さいねo(^▽^)o


小麦粉にも、いろいろと
問題が指摘されていますね。


今の時代、何を食べるべきか
食の問題は、本当に考えさせられますね。


iomamaさん、
コメントありがとうございました(^-^)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坊主おじさん

Author:坊主おじさん
ご訪問、ありがとうございます。
本や映画が好きなおじさんです。
気になった本の紹介等しています。

私の提供した情報は、鵜呑みに
されることなく、ぜひご自分自身で
よく考え、自己責任で判断なさって
下さい。特に健康に関することは
信頼できるお医者様とよく相談
なさって下さいね(^^)

リンク、大歓迎です(^○^)/
どうぞよろしくお願いします 。

このブログをリンクに追加

ユニークアクセス数