記事一覧

視力を失わない生き方



eye-1132531_960_720.jpg



『視力を失わない生き方

日本の眼科医療は間違いだらけ』

深作 秀春(著)を読みました。








【 著者の深作先生について 】




著者の深作先生は、

海外で修業を積み、

数々の治療法を開発され、

海外の眼科学会で最高賞を20回受賞

された「眼科界のゴッドハンド」

言われている先生です。

(アマゾンの紹介文より)










【 読んで大変ショックだったこと 】



本書を読んで、

私が一番ショックだったことは

世界標準でみると、

日本の眼科の技術が

20年近く遅れている

と指摘されていることでした。(P95)




日本では、

世界で否定された技術で

失明者が続出している


書いてあり、(P94)

大変ショックを受けました。










【 網膜剥離とバックリング法 】
P46~




日本が遅れている具体例として、

本書の中に書かれていた

「バックリング法」を

見てみましょう。



「バックリング法」というのは

網膜剥離の手術ですが、

すでに世界では、

行われていない

旧式の手術法

だそうです。(P46)(P215)




ところが、日本では、

この「バックリング法」が

標準的手術法とされている

というのです。(P47)



(;´Д`)

エエェ








この「バックリング法」

の手術をすると、

網膜剥離の症状は

一見落ち着いた状態に

なるそうですが、

その後、眼に衝撃が

あると、バックリングが

ずれて、また、網膜剥離が

起こってしまうそうです。(P47)





工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

ソレッテ、

ナオッテナイジャン









ちなみに、

著者の深作先生の病院では、

「広域観察システムBIOM」という

顕微鏡を使った硝子体手術で、

網膜剥離を治療されます。(P215)






深作先生の手術により

網膜剥離を治していただいた

ボクサーの中には

なんと!

網膜剥離の手術後に

世界チャンピオンに


なった方もおられたそうです。(P216)




ヽ(´▽`)ノ

パンチヲ受ケテモ

網膜剥離シナイッテ

深作先生ノ技術ハ

スゴスギルゥ!













【 コンタクトレンズは、安全か? 】P146~




コンタクトレンズについて

深作先生は、

目に優しいコンタクトレンズ

などない!
(P148)

と言っておられます。



コンタクトレンズは、

使用の仕方によっては、

角膜内皮細胞を障害する等

多くの問題を起こす可能性が

ある
そうです。(P146)(P148)




深作先生は、

コンタクトレンズは、

長くても、8時間以内の

装用にする
よう

注意喚起しておられました。(P147)












【 眼球体操は、危険 】P127~




何年か前に

ある精神科医が

「眼球運動」というものを

テレビで提唱しました。(P127)


これは、眼を左右上下に

激しく動かすことによって

眼の健康と老化防止を

図るものでした。



ところが、

この眼球運動の結果は、

眼球内の硝子体繊維が

強く揺れてしまい、

網膜が引っ張られて破け、

網膜剥離になる人が

続出した
そうです。(P128)




著者の深作先生は、

「眼球を激しく動かす」ことは

網膜剥離の原因になる


ことを知っておくべきだと、

強く注意喚起しておられました。(P131)












【 感想のまとめ 】




日本の眼科は、20年遅れている

とおっしゃっている深作先生、

当然、眼科医からの猛反発を

受けてこられたことでしょう。




ところが・・・

おもしろいことに

深作先生を誹謗中傷していた

大学教授が、いざ自分が

眼の病気になると、

深作先生に手術を頼みに

来ました。( ^ω^; )(P64)


もちろん、先生は、

快く引き受け、治して

さしあげたそうです(笑)









本書では、

眼に関する基礎的知識

眼について知っていなければ

ならないこと


眼の病気の解説と治療法

などについて、

詳細、かつ、わかりやくい

説明がなされています。







コンタクトレンズを

しておられる方は、

一度は読んでおかれた

方がいいです。




また、眼科の病気のある方や

小さなお子さんのおられる方も、

読んでおかれた方が

よいでしょう。















本書のアマゾンのページです。




『視力を失わない生き方

日本の眼科医療は間違いだらけ』

深作 秀春(著)





アフィリエイトはしておりません(^-^)
















深作先生のブログは、こちらです。


 fukasaku eye Institute blog




次の深作先生の記事は、

バックリング法と硝子体手術について、

書かれています。

 網膜剥離を完全に治せるのは深作眼科だけと格闘技選手が証明


 















今日も、最後まで

お読みいただきまして

ありがとうございました。
















関連記事

コメント

No title

お早うございます。

そうだったのですか・・・。
日本の医療技術は先端を走っていると
思っていました。

眼科は年齢とは無関係に診療を受ける
ところだけに気になりました。
加齢に伴い、高確率でお世話になると
思いますが、口コミを調べてからの方が
良さそうですね。

勉強になりました ヽ(*´∀`)ノ゚

坊主おじさま、おはようございます (^∇^)ノ

頷きながら拝読しました。
私は中学2年の時から
就寝時以外はソフトコンタクトレンズを
着用して過ごしておりました。

常にスポーツをしていたため、
眼鏡やハードコンタクトレンズは
不自由だと思ったからでした。

40歳代後半に入った途端に
老眼による不自由さと
長年のコンタクト装用から来る
両目のかなり激しいかゆみがスタートし、
とてもとても悩んだ末・・・

米国滞在中に
《レーシックの手術》を決意、
あちらで実績ある韓国人の眼科医に
お願いしました。


今日まで本当に本当に
快適に過ごさせて頂いています。
レイシック手術を受けたことを
とてもラッキーだと思っています。
お値段も日本のレーシックに比べ
ずっと安くてすみました。
帰国時に日本の運転免許を頂戴した際、
レーシック手術を受けるような人が
日本ではほとんどおられないことを知りました。
担当官が私の視力の検査に
はじめ戸惑いを見せられて
私もついでに戸惑いました。


「年頃の子供の視力が低下して来たときに
 眼科に連れて行くことは本当に適切なの?!」
と感じたことがあります。

少し視力の落ちて来た当時の息子を
帰国後日本の眼科に連れて行って
そのように感じました。
「メガネかコンタクトを着用せずには
 文字が読めなくなる危険性のある処置」
を無理矢理させられるのではないかと・・・。

眼科医からは、
網様筋に負担をかけることで
遠くが見える様にするための
「縮瞳させる目薬」
を点眼するよう指示されました。

夫が若かりし頃、
同じことを眼科でされた直後に
「視力の低下が確定した。」
と感じたと言います。

それで、その目薬は一度も刺さず、
同じ眼科医より
「やっても無意味だし、無駄ですよ。
(「網膜剥離の危険性がありますよ。」
 ではなくて・・・)」
と言われた(「眼球運動」ではなく)
Youtubeで紹介されていた
「視力回復運動」を行うことで、
息子の視力は低下することなく
今日まで一応、
メガネ不要の視力を
十分に維持しながら過ごしております。


あれから1年半になりますが、
今日こうして坊主おじさまに
この様な記事をアップしていただき
とてもとてもありがたく感じました。

あまり目を激しく動かしすぎると
剥離を起こす危険性があるというのですね?!

息子はあまり激しいタイプの体操
ではないようですが、
もっと慎重に調べてみようと思いました!

いつもほんとうにありがとうございます。
心より感謝です!! m(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。

さっそくですが、眼球運動わたしやってました。
視力が0.2しかないので、試しにしていたのですよ
やめたほうがいいのかな?

しかし、どうしたら視力回復するのでしょうかね?
坊主おじさんさま、教えていただけたら。

視力を失わない生き方の本、本屋にあったら読んでみますよ^^




No title

おはようございます

どれもこれも目から鱗ですね。体操については言われてみればという感じはしました。目をこすりすぎたりするのもよくないってのはきいたことがありますので。

自分も視力はよくなく大学生の頃から眼鏡ですが、案の定、コンタクトレンズもレーシック手術にも手を出していません。今回の本の紹介に触れて良かったと思います。

それにしても眼科治療の20年遅れの原因はなんなんですかね、ドクターXにみる医療現場の腐敗、厚労省の旧態依然の体質、いずれにしてもなんとかしてもらいたいですね。

ichanさん、ありがとうございます。


ichanさん、こんにちは(^^)


そうなんです。
私も、てっきり、日本は
世界でも最先端ではないかと
勝手にイメージしておりましたので、
大変ショックでした。


本書を読むと、同じ眼科でも
大変レベルの差があることが
よくわかります。

眼科でお世話になるときは、
よく調べた方がいいかも
わかりませんね。


ichanさん、
コメントありがとうございました(^-^)

HeartLibertyさん、ありがとうございます。


HeartLibertyさん、こんにちは(^^)


おお!
そんなに長期間にわたって
コンタクトレンズをつけて
おられたのですね。


それで、アメリカで
レーシック手術を受けられて、
無事に成功されたようで
本当に良かったです!


免許証更新の担当官も
驚かれるほどの視力を
手に入れられて
ラッキーでしたね!o(^▽^)o






息子様、視力が無事に
維持できて、良かったです!


眼球内の硝子体繊維は
網膜とくっついていますので、
硝子体繊維がゆれると
網膜をひっぱる形になります(>_<)


詳しくは、ぜひ、本書を
直接お読みになって下さいね。


読みやすく、かつ、けっこう
本格的な情報が書かれていますので、
旦那様が読まれても、けっこう読み応えが
あるのではないかと思います。



HeartLibertyさん、
コメントありがとうございました(^-^)


鍵コメ、Hさん、ありがとうございます。


鍵コメ、Hさん、こんにちは(^^)


なるほど、そうなんですね。
お知らせ、ありがとうございます。
後で、じっくりと読ませていただきますね。


いつも、貴重な情報をありがとうございます。
皆様、大変、喜んでおられることと思いますよ。

鍵コメ、Hさん、
コメントありがとうございました(^-^)


がちょーさん、ありがとうございます。


がちょーさん、こんにちは(^^)


おお!
がちょーさん、眼球運動しておられたのですか。

もしも、激しく目玉を動かすものでしたら
やめた方がいいと思いますよ。


眼球内には、硝子体繊維というものがあって、
その先端に網膜がついているそうです。
眼球を動かすと、そのたびに、硝子体繊維が
ゆれて、網膜がひっぱられてしまうみたいです。




視力回復については、レーシックという手術が
あるみたいですね。

このレーシック手術のメリット、デメリット
注意点についても詳しく書かれていましたので、
もしも、ご興味があるようでしたら、
直接、本書をお読みになることを
おすすめいたします。


がちょーさん、
コメントありがとうございました(^-^)

よっチさん、ありがとうございます。


よっチさん、こんにちは(^^)


そうなんです。
眼は、むき出しの状態になっているで
眼をこすると、ダメージが堆積していくみたいですね。

とはいうものの、こすってしまうこともありますけど( ^ω^; )


おお!
よっチさんも、メガネ派ですか!
私も一緒ですよ!

コンタクトレンズは、リスキーみたいですね。
軽く考えていると、とんでもない問題を起こすことが
あるみたいです。


さすが、よっチさん、
眼科治療20年の遅れの原因、
気になりますよね。


眼科治療20年の遅れの原因についても
本書では、けっこう詳しく書かれていました。

やはり、眼科学会の体質が大きいみたいです。
よっチさん、本書を読まれたら、たぶん、驚かれますよ。
ここまで、ひどいのかって・・・(>_<)

それと、もう一つは、英語がわからない眼科医が
多いことも、遅れている原因のようです。



よっチさん、
コメントありがとうございました(^-^)

ありがとうございます

私もひどい強度近視なので 毎日コンタクトを着用しています
目に良くないだろうなーと感じるのは多々ありますが
利便さに負けています

メガネの度が強すぎて 生計レベルに目の大きさが違ってしまうのも 一因ではありますが

近視が原因で 網膜はく離の1歩手前の「網膜裂肛」に2度なりました
これ以上目が悪くならないようにと 日々祈る気持ちで過ごしています

ヘミシンクをはじめたころから 不思議なのですが
コンタクト装着時の視力が上がりました
調整して1.0に合わせて作ったはずのコンタクトが
視力検査をすると1.5まで見えているのです
不思議です

裸眼で調べたことがないので 本来の視力が上がっているのかどうかは分からないのだけど
まるの日さんも 視力が良くなったと書かれていました

眼球運動とかは 全くやってなくて 毎日細かい作業で目を酷使しています

すごく気になる本なので 探して読んでみようと思います
ご紹介ありがとうございました

No title

貴重な情報ありがとうございます。

コンタクト8時間以内に収めます。
20年の遅れか~
取り戻すのに何年かかるのか・・・

まつじゅんさん、ありがとうございます。


まつじゅんさん、こんにちは(^^)


おお!
まつじゅんさんも、近視なのですね。

コンタクトって、そんなに便利なのですね。
私は、コンタクトをつけたことがないので
あまりわからないんですね( ^ω^; )


おお!
網膜裂孔に2度なられたのですか(>_<)

実は、私も、1度なりました。

網膜裂孔のレーザー治療、
簡単な治療なのに、治療費が高すぎて、
ビックリしますよね(>_<)



へぇぇぇ
ヘミシンクで、そんなに視力がアップされましたか!
それは、すごいなぁ。


眼球体操を全くやっておられなくて
本当に良かったです。

まつじゅんさんのお仕事は、一般の方よりも
眼を酷使するので、よけいに大変ですよね。


本書では、眼に関する情報が
ものすごくたくさん書かれているので、
まつじゅんさんにとって、かなりプラスに
なると思われます。

特に、コンタクトレンズについて
書かれているところは、熟読
なさって下さいね。


まつじゅんさん、
コメントありがとうございました(^-^)

金柑頭さん、ありがとうございます。


金柑頭さん、こんにちは(^^)


コンタクトレンズをつけて
おられるのですね。

そうそう、どんなに長くても
つけるのは、8時間以内に
なさって下さいね。

眼にやさしいコンタクトレンズなど
ないそうですので、コンタクトを
はずして、眼をいたわってあげて下さい。


金柑頭さん、
コメントありがとうございました(^-^)

こんにちは♪

初めましての初コメです。

大変興味深く読ませて頂きました。
ありがとうございます♪
私は白内障に初期と云われていますが、
白内障についても書かれていましたでしょうか?
本屋さんで手に取ってみたいと思います(^^)/

miyakoさん、ありがとうございます。


miyakoさん、はじめまして。
こんにちは(^^)

miyakoさんは、白内障初期と
診断されているのですね。


大丈夫ですよ。
白内障についても詳しい説明がありました。


本書は、本格的な内容にもかかわらず
わかりやすく書かれていますので
読まれると、プラスになると思います。
ぜひ、お読みになって下さいね。


miyakoさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

ショックです
日本の医師は一度医者になってしまえばいつまででも医者でいられることをいいことに
医学の進歩においつけない医者が多いことに腹が立ちます
その犠牲は患者であるのですから医者を疑いの目でみたくなるのもしかたないと思うのです
全ての医者に5年に一度の試験を課して医学の進歩についていけているかを検査してもらいたいです
いいアイディアだと思いませんか?

ゴルのママさん、ありがとうございます。


ゴルのママさん、こんにちは(^^)


本当にショックですよね(>_<)
お怒りは、ごもっともで
お気持ち、よくわかります。

5年に一回の試験、大賛成です。

もしも、試験が無理なら、せめて
最低限、免許更新制度を取り入れてほしいですね。

日本の場合、医師免許をとったら、
どの診療科でも名乗れるところも大問題だと思います。



しかし・・・
現実問題、医師会の政治的な力が強いので、
残念ながら、試験や更新制度は実現
する可能性は低いでしょう。

となりますと、私達が自分で自分のことを
防衛するしかありませんね。

勉強して、自分の健康は、
自分で守りましょう!


ゴルのママさん、
コメントありがとうございました(^-^)

坊主おじさん様こんにちは☆

驚きの内容ばかりでショックを受けました。
20年近くも技術が遅れていて、実際に失明者も続出している・・。
しかも深作先生を誹謗中傷していたのに自分が困ったときは助けを求める(しかも治療してくれる)ってなんやね~~ん!!って感じです(>_<)
憤りを感じますが、でもこれが事実なのですね。。
きっと何事も一つの情報だけで判断するのではなく、セカンドオピニオンで多くの方の意見を聞いたり坊主おじさん様のブログを参考にしたり、いかに多くの引き出しを持って自分の答えを導き出せるかが大事な気がしました。

将来子どもができたときのために、赤ちゃんのうちに受けさせるワクチンについても今のうちから勉強していこうと思います。

いつも気付きを与えてくださいましてありがとうございます(*^^*)

No title

歯と目、年をとるのが早いですね。
大切にしたいパーツです。

コンタクトレンズを眼科で進められて使ったことがありましたが違和感があって使い続けることができず・・・。
一回り大きめの特注なので高価でしたがすぐにやめました。
体が拒否したのも意味が合ってのことだと思いました。

よく考えて行動したいですね、情報をありがとうございました。

SESOちゃん、ありがとうございます。


SESOちゃん、こんばんは(^^)


本書の内容をチラリと紹介しただけですが・・・
けっこうショックを受けますでしょう?

深作先生を誹謗中傷しておいて
手術を頼むって、どんなんやねんと思いますよね?
あいた口がふさがらないとは、こんなときの
ための言葉でしょうね(笑)


そうなんですよね。
結局、何かあったときに、いくつ引出しを
持っているかが大切だと思います。

いざという時に、人間はあわててしまうのが普通です。

ですから、平和な時、平時こそ、
いざという時にそなえて、いろいろな情報を
収集しておくことが大切ですね。


今のうちから、赤ちゃんの情報を集めておくというのは
とても賢明な判断だと思います。

さすが、SESOちゃんですね!


SESOちゃん、コメントありがとうございました(^-^)


コットンさん、ありがとうございます。


コットンさん、こんばんは(^^)


たしかに、歯と目は、
大切にしたいパーツですね。

極端な話、歯は全部なくなっても
入れ歯という方法がありますが、
眼は、見えなくなったら、
これは代替手段がありません(>_<)





コットンさん、コンタクトレンズが
合わなかったようですね。

それはそれで、ラッキーだったかもわかりません。
コンタクトレンズにも、
それなりのリスクがあるようですので。

人生、何が幸いするか、わかりませんね( ^ω^; )


コットンさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

眼科の世界にも「神の手」ドクターがいたのですね。
個人的に、視力の低下が今一番の喫緊の課題ですから、興味深いく拝読いたしました。
有難うございます。

びっくりしました

こんばんは。

記事を読んで、びっくりしました。日本の眼科の技術が20年も遅れているとは!

老眼が始まるまでは私もコンタクトを使っていましたが、眼にはかなりの負担だろうなとは思っていましたが、本当によくないものなのですね。

私は近眼の上に老眼まで加わったので、もう本当に不便です。この先生の著書を読んでみようと思います。

こんばんは!
コンタクト、そうなんですね。コンタクト毎日つけてますー😭
8時間以内にできるようにします。

眼球運動あまりしたことがないですが、よくないんですね。びっくり‼️

えぇぇえぇぇーーっ、どうしたらいいんでしょう?目のためにいいこと。

坊主おじさま、おすすめのこちらの本読んでみようと思います(^^)

貴重なお話ありがとうございます😊

No title

こんばんは

子供のころから視力は良くて? 眼科さんとも
お付き合いもなく過ごしてきました・・・ (^.^)
なので目の事は 気にもかけずに来ましたが
一昨年の暮、慢性の緑内症と診断されて、しばらくは唖然蒼然、
ショックでしたわぁ。
でもね、「慢性だから失明するのは80歳を過ぎたころ・・・」と言われて・・・、安心ばかりもしていられませんが、少々納得。

「網膜剥離」じゃないけれど、これから先は益々もって
色々な病気が待っているのですねぇ。
一生使う この目だからこそ注意が肝要! 反省してます。

節約ドットコムさん、ありがとうございます。


節約ドットコムさん、おはようございます(^^)


そうなんです。
眼科の世界にも「神の手」ドクターが
いらっしゃるみたいですね。

眼はどなたにとっても宝物ですので
大切にしたいですよね。


節約ドットコムさん、
コメントありがとうございました(^-^)



愛希穂さん、ありがとうございます。


愛希穂さん、おはようございます(^^)


そうなんです。
20年も遅れていると聞いて
私もショックを受けました。


コンタクトレンズは、使い方をまちがうと
問題が生ずる場合があるみたいですね(>_<)

コンタクトレンズをつけるときは
長くても、8時間以内にしたほうがいいみたいです。


本書を読まれると、眼のことがよくわかりますよ。
おすすめです(^^)


愛希穂さん、
コメントありがとうございました(^-^)




NaNaKoちゃん、ありがとうございます。


NaNaKoちゃん、おはようございます(^^)


NaNaKoちゃん、毎日、コンタクトレンズ
つけておられるのですね。

そうそう、つけるのは、8時間以内に
なさって下さいね(^^)


コンタクトレンズをつけている方は
本書をしっかりと読んでおかれた方がいいです。

うんうん、ぜひ、お読みになって下さいね。

NaNaKoちゃんの大切な目を守らないとね(^○^)/



NaNaKoちゃん、
コメントありがとうございました(^-^)

そらまめさん、ありがとうございます。


そらまめさん、おはようございます(^^)


おお!
そらまめさんは、視力の良い方なのですね!
すごいなぁ。


緑内障であることが早目にわかって良かったですね。
今は進行を遅らせる目薬などがあるようですので、
症状の進行が遅れるといいですね。


そうです、そうです。
眼は大切な宝物、
一生大切に使っていきたいものですね。


そらまめさん、
コメントありがとうございました(^-^)


おはようございます

何事もリスクがつきものですけど日本の眼科の治療がここまで遅れているとは・・・
少し国も考え直したほうがいいのではと思います。
福祉に関してもかなり日本は遅れていますしね?
患者さんのためにも最新鋭の治療を導入してもらいたいものです。

さーやさん、ありがとうございます。


さーやさん、おはようございます(^^)


そうなんです。
日本がこんなに遅れているなんて
私もビックリしました(>_<)


そうそう、おっしゃるとおり、
最新鋭の治療を導入していただきたいですね。


さーやさん、
コメントありがとうございました(^-^)

こんにちは(*´ω`*)

いつも勉強させていただきありがとうございます。
それにしても20年遅れですか…ショックです。
もう私はあまり医療に期待はしなくなりましたが…(^^;)

コンタクトは眼に悪いことで有名ですよね。
しかし、一時期、私もコンタクト考えていました。
結局、アレルギーで装着出来なかったのですが、今思えば出来なくて良かったです。
私は、娘を妊娠する前の数年、ステロイド点眼薬を使用しておりました。
ぶどう膜炎の為です。
当時は、ステロイドに関しても無知で医師に言われるまま、毎日点眼しておりましたが…
もう今は、病気は放置で目薬もさしていません(。-∀-)笑
そして、点眼薬をしなくても、日常生活に支障はないです。
本当に無知って怖いですよね。
また、この本も読んでみたいと思います。
アトピーの本も読めました。
とても説得力のあるためになる1冊でした(*´ω`*)
素敵な本に巡り会えたとき、私はとても嬉しいです。
いつも、ありがとうございます。

kobuchoroさん、ありがとうございます。


kobuchoroさん、こんばんは(^^)


そうなんですよ。
20年遅れですって。
ショックですよね(>_<)


そうですか。
kobuchoroさん、アレルギーでコンタクトレンズ
装用されなかったのですね。
それは、今になってみれば、良かったですね。




ありゃりゃ、ステロイドの点眼薬を
つかっておられたのですね。
今は放置されているとのこと。
自分の健康を医師に丸投げせずに
自分できちんと判断されていること、
すばらしいと思います。


おっしゃるとおり、無知はこわいです。

私自身も、私が無知なせいで
医師の言うことを信用して
ひどい目に遭ったことがあります。


やはり、医師の言っていることが
本当に信用できるかどうか
自分で判断できるくらい勉強しておかないと
とんでもない目にあいますね(>_<)



おお!
アトピーの本、読まれましたか!

本書も読まれるのですね。
この本、ギッシリと大切な情報が
書かれていて、良い本だと思います。

ご自分のため、ご家族を守るためにも
ぜひ、じっくりとお読みになって下さいねo(^▽^)o

kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)


No title

こんばんは。

何時も有益な情報をありがとうございます。

コンタクトって 比較的最近のものでしょう?
何十年とコンタクトを使った人の
臨床データが出ているのかしら?

異物を目に装着するリスクを
もっと真剣に考えた方が良いと思うわね。

私は 普段メガネを掛けて無いですが
運転時と新聞を読むときだけ
メガネを使い分けています。

少し面倒だけれど 此れも加齢で仕方が無いと
割り切っています。



優さん、ありがとうございます。


優さん、こんばんは(^^)


全くおっしゃるとおりで、
コンタクトレンズは、異物を目に
装着するというリスクがありますよね。


そもそも、コンタクトレンズをしては
いけない体質の方もいらっしゃるようです。

『眼にやさしい』というのは
売るためのセールストークらしいです( ^ω^; )



私も、普段はメガネをかけています。

面倒ですけど、コンタクトレンズと比べると
安全なので、これからも愛用していこうと
思っています(^^)


優さん、コメントありがとうございました(^-^)


No title

坊主おじさん様

こんばんは!私、1DAYのソフトコンタクトを愛用中です。
多分1日8時間以上着用しています(+_+)
家では眼鏡生活ですが(*_*)
そして眼球体操も目に良いという事で一時期やってました(^^;)
さすがに失明は怖いので、まずはこの本を読んでみようと思います(>_<)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

富士真紀子さん、ありがとうございます。


富士真紀子さん、こんばんは(^^)


おお!
富士真紀子さんは、ソフトコンタクトレンズを
愛用なさっているのですね。

それに、眼球体操を一時期しておられたのですね。

網膜剥離になっておられなくて
本当によかったですね!

なぜ、コンタクトレンズは8時間以内なのか
なぜ、眼球運動は危険なのか
本書を直接読んでいただくと、
よくわかっていただけると思います。

ぜひ、本書をじっくりとお読みになって下さいね( ^ω^ )


富士真紀子さん、
コメントありがとうございました(^-^)

鍵コメ、Hさん、ありがとうございます。


鍵コメ、Hさん、こんばんは(^^)


そうなんです。
眼球運動は、危険だそうですよ(>_<)
やめておかれた方がいいです。


網膜裂孔のレーザー手術、
とても簡単なものなのに、
ビックリするほど高額ですよね(>_<)

薬の副作用も、こわいですよね。


眼に対する不安がおありでしたら、
ぜひ、本書を直接お読みになって下さいね。

本格的な情報がわかりやすくかかれていますので、
Hさんにとっても、必ず参考になるはずです。

鍵コメ、Hさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

コンタクトレンズは8時間まで、ってのは目からうろこが落ちる思いでした。外すのはレンズですが。
メガネ使用者ですが勉強になりました。

てかとさん、ありがとうございます。


てかとさん、こんばんは(^^)


私も、メガネ使用者なんですが、
コンタクトレンズは、8時間以内というのは
たしかに、勉強になりましたねo(^▽^)o


てかとさん、
コメントありがとうございました(^-^)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坊主おじさん

Author:坊主おじさん
ご訪問、ありがとうございます。
本や映画が好きなおじさんです。
気になった本の紹介等しています。

私の提供した情報は、鵜呑みに
されることなく、ぜひご自分自身で
よく考え、自己責任で判断なさって
下さい。特に健康に関することは
信頼できるお医者様とよく相談
なさって下さいね(^^)

リンク、大歓迎です(^○^)/
どうぞよろしくお願いします 。

このブログをリンクに追加

ユニークアクセス数