記事一覧

風邪の効用



cold-1947995_960_720.jpg


『風邪の効用』 野口 晴哉 (著)

を読みました。














【 健康な体には弾力がある 】P19





著者の野口先生は、

健康な体というのは

弾力があるのです。

伸び縮みに幅が

あるのです。
」(P19)

と言っておられます。








たしかに、

赤ちゃんには、

みずみずしいほどの

弾力がありますね。



baby_yubi_syaburi.png







それが・・・

大人になってくると・・・

少しずつ

弾力を失っていき・・・



stand_businessman_ojisan.png






さらに・・・

年を重ねると・・・

弾力の伸び縮みの幅が

ごく狭くなってしまう・・・





ojiisan.png





そして・・・

最後は・・・

完全に弾力を失って

亡くなる・・・

というわけですね。




hitsugi_washiki.png










【 風邪で弾力が恢復(かいふく)する 】P21~





年齢を重ねていくと、

だんだんと

体の弾力が

なくなってくるのですが、

風邪をひくと、

一応、弾力を

恢復する
そうです。





エェェェ!!

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)




ヤッタァ!

\(^O^)/
















引用開始( P21 ~ P23 )






 ところが風邪をひくと、

鈍い体が一応弾力を

恢復するのです。

だから血圧が高い人は

血圧が低くなってくる。

血圧が低くなるという

よりは血管が

柔らかくなってくる。




  
          (中略)





 だから、

体を使っているうちに、

或る一部分が偏り疲労の

潜在状態になって、

そういう部分の弾力性が

欠けてくると風邪を引き、

風邪を引いた後、

恢復してくる。

それで私は

風邪は病気というよりも、

風邪自体が治療行為

ではなかろうかと考えている。





          (中略)




 ところが

上手に風邪さえ引けば、

血圧も下がるし、

体の硬張りも

なくなるし、

或る一部分が

冒されるような

こともなくなってくる。



 だから風邪を引くと

脳溢血にならない。

皆さんも脳溢血になった

人の過去を丁寧に

見てごらんなさい。

或る時期から

急に風邪を引か

なくなっている。

必ずそういう時期がある。





引用終わり





野口先生がおっしゃって

いるように、

本来、風邪というものは、

弾力を失って鈍くなって

しまった体を

恢復させる働きが

あるようです。







ところが・・・

早く風邪を治そうとして

medicine_fukuro.png


熱を下げようとしたり、

咳を止めようとしたり、

そういう中断法ばかり

講じていると、

風邪を治そうとしながら

体が硬張り、

治療しながら

体がだんだん鈍く

なってしまう
そうです。(P24) 



工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


ソレジャ

ダンリョクガ

恢復シナイジャン

(;´Д`)








【 風邪は経過するもの 】P26~





野口先生は、

「それぞれ

その人なりの風邪を

ひくことによって、

その偏って疲れている処が

まず弾力性を回復してきて

風邪を経過した後は

弾力のあるピッチリした

体になる」
(P27)と

言っておられます。





ですから・・・

できるだけ

自然の状態で

風邪を上手に引き

上手に経過させることが

大切であるということですね。














【 感想のまとめ 】




本書では、

汗がネバネバ

している間は

下着を取り替えず、

サラッとしてから

温めた下着に

取り替えること。
」(P127)

など、

風邪を上手に引くための

コツと知恵が

書かれていました。





なかでも、

126ページから128ページに

書かれている

風邪を上手に全うする

ための6つのポイント


読んでおかれて

損はないでしょう。













本書のアマゾンのページです。



『風邪の効用』 野口 晴哉 (著)



アフィリエイトはしておりません(^-^)









今日も、最後まで

お読みいただきまして

ありがとうございました。





















関連記事

コメント

おはようございまーす

健康な体というのは弾力がある。

たしかに、そのとおりですね
だんだん歳を取ると固くなってきます

上手に風邪さえ引けば体も調子よくなるのですね
体ってうまく出来ております^^


No title

おはようございます

以前も風邪の効用のお話がありましたが、今回は体の弾力性との絡みということで、なるほどな、と思いました。正直言って、普段あまり意識していあせんでしたし。特に血管との関わりというのは興味深いです。弾力性がなければあまりよろしくなさそうだというのはイメージできますし。

風邪をひいたから安直に薬を飲む、というのも今後は考えた方がよさそうですね。漢方を除き、薬でも治療でも基本は西洋医学の考え方で、原因となる部分を集中的に攻撃したり取り除いたりというのが基本で、体全体のバランスや治癒力に対する見方が弱いですからね。病気と体の仕組みをうまく利用するという点で、野口先生の主張は漢方の考え方に近いような(あるいは同じ)感じも受けました。

No title

おはようございます。今回も興味深い記事です。
上手に風邪をひく。
面白い表現です。本を読んでみようと思います。記事から思うに、薬を使わず、自然に自分の回復力に任せて治すのが活用になるってことかなと。今の子どもたち、園に通う子は、熱がでたら必ず病院に行かなければならないのです。そして薬を飲む・・・飲む・・・飲む・・・。ここに書かれていることと全く反対のことを、子どものころからさせられてしまうのです。将来の体、大丈夫だろうか・・・。
ホント、読んでみます。ありがとうございます!

坊主おじ様こんにちはー(^^)

なるほどーです!初めて知りました^_^
風邪とも上手く付き合うのですね!

10年以上風邪に嫌われていた私も久々に昨日から頭痛が……風邪かな?
いいお話を聞かせて頂いたので上手にお付き合いしてみます(笑)
おじ様いつも勉強させて頂きありがとうございます♡

がちょーさん、ありがとうございます。


がちょーさん、おはようございます(^^)


そうなんです。
人間は、オギャーと生まれて
死んでいくまでに、だんだんと
弾力を失っていくんですね。

上手に風邪をひけば、この弾力を
恢復できるとすれば、
ありがたいことですよね。

がちょーさん、
コメントありがとうございました(^-^)

よっチさん、ありがとうございます。


よっチさん、おはようございます(^^)


そうなんです。
血管が弾力を取り戻すというのは
大変興味深いですね。

みなさん、高血圧を気にされますが、
本当に気にすべきは、血管の軟らかさ
かもわかりませんね。


せっかく、風邪をひくことができたのに、
薬を飲んで、風邪の自然な経過を邪魔
するのは、大変もったいないことだと思います。

うまく風邪をひくことができましたら、
できるだけ体をあたたかくして
自然に風邪が自分の体を経過していくのを
見守りたいものですね。




野口先生は、徹底して体を観察された方です。
ですので、私達が思いもよらないことを
たくさん発見された方だと思います。

体が本来もっている力を発揮させる点で
漢方の考え方に似ているところは
あると思います。


よっチさん、
コメントありがとうございました(^-^)



馬場亜紀さん、ありがとうございます。


馬場亜紀さん、おはようございます(^^)


上手に風邪をひくって、
確かにおもしろい表現ですねo(^▽^)o

馬場亜紀さんのおっしゃるとおり、
自然に、風邪が自分の体を経過していかせることが
上手に風邪をひくということなのでしょうね。

たとえば、1回くしゃみをするごとに
人間の体はゆるんでいくそうです。(P28)
くしゃみで体がゆるむと思うと
たくさんくしゃみをしたくなりませんか?(笑)


野口先生の知恵を学ぶと、風邪に対する見方が
ガラリと変わると思います。

どうか本書をじっくりと楽しみながら
読んで下さいね。





園に通うお子様達の話
ビックリしました。

せっかく風邪をひいたのに、
薬を飲ませてしまうとは(>_<)


子どもが風邪をひいたときに
病院に連れていくかどうかは
親の判断で決めるべきものでは
ないかと思うのですが・・・

大変ビックリいたしました(>_<)


馬場亜紀さん、
コメントありがとうございました(^-^)

ゆうなさん、ありがとうございます。


ゆうなさん、おはようございます(^^)


そうなんです。
風邪は、自然な流れで
自分の体を経過させると
いろいろな効用があるみたいですよ。


おお!
そうですか!
ひょっとしたら、風邪をひけるかも
わからないのですね!

もしも、うまく風邪をひくことが
できましたら、体をあたたかくして
お大事になさって下さいね。


ゆうなさん、
コメントありがとうございました(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ、Hさん、ありがとうございます。


鍵コメ、Hさん、こんにちは(^^)


そうなんです。
野口先生によりますと、
風邪は、体の弾力を恢復させて
くれるみたいですね。

そうですか。
お医者様からのご指示があるのでしたら
そのお医者様からのご指示をよく
守って下さいね。

そうですね。
おっしゃるとおり、
普段の生活の中で、血管をやわらかくするよう
意識できたらいいですねo(^▽^)o

ご病気の方、どうか
くれぐれもお大事になさって下さいね。


鍵コメ、Hさん、
コメントありがとうございました(^-^)


坊主おじさん様こんにちは☆

今回もハッとするような健康情報をありがとうございます!

以前、私が仲良くしている健康カウンセラーの方が健康でいるためのポイントを二つ紹介してくれたのですが、それが柔らかい血管でいることと、身体を温めること(平均体温を上げること)でした。
血管を柔らかくするという意味がその時はよくわかっていなかったのですが、坊主おじさん様のおかげでなるほど~!と理解することが出来ました。
ありがとうございます(*^^*)

一般常識にとらわれず東洋医学やホリスティックケアをこれからも学んでいきたいと思います\(^o^)/

No title

納得納得!なお話でした
私はなるべく必要以上な薬は飲まずに
自然治癒を心掛けています
飲んだ方がいい方がよさそうな時は飲みますが…
身体はある程度自然治癒の力があると思っています
血管を柔らかくする! 頑張ります

No title

こんにちは。

ここ数年 風邪を引いて無いわ、ヤッパリ歳なのかしら? _| ̄|○

風邪を引いたら若返りの効果があるのですか?
何んだか風邪を引きたくなって来た感じ〜笑)

私 ダル重くなって来ると 岩盤浴に行ってメチャ汗をかきます。
これって風邪を引いた状態を治癒しているのかも?

そんな訳で 私 しょっちゅう風邪を引いては治してるみたいよ ♪

でも クシャミをしないから 血管が問題だわね〜😅

No title

風邪をひいてもこじらせないように気を付けて
自然治癒できればよいですね。

今年 久し振りに風邪をひき、熱が37度台に・・・
体から警告が出たので
温めて休めたらすぐに治りました。
リセットされたわけですね。笑

No title

こんばんは

風邪ですね~・・・
私は あまり風邪をひきませんけど
一度引いたら 中々治らず往生します。

「大人になると弾力性を失ってくる」これは
何だか分る感じが・・・
どこもかしこも 弾力性が無くなって! (;´Д`)
お歳のせいかと思ってました。 ← ありますね。

人の体は上手く出来てるものですね。

こんばんは(^^)
風邪は無理に治さず調整してもらう方がいいんですね。
弾力ってすごいですね。
無理に咳とめて、熱下げてってあんまりよくないですね。風邪薬で、余計に体がだるかったりして。
ただ、次の日仕事があったりすると、無理にでもって点滴してもらって薬いっぱいのんでってしてしまったりします。

こんばんは〜♪

私は先月インフルエンザにかかってしまったのですが、以前まるの日さんがワークショップで、風邪やインフルエンザは自分の滞りを解放したり浄化作用でもあるとおっしゃっていたのを思い出しました (^_^)

薬に頼りすぎるのは良くないですよね〜

ちょうど私も健康に関する記事を書いたところなのですが、それだと風邪は引きにくくなりそうだけど、滞りや弾力には効果がありそうです♪

お腹の弾力は減って欲しいみっきーより

No title

こんばんは

昔は子供が風邪を引いたからと病院に連れて行くと
先生から「チョッとやソットの風邪でわざわざ連れて来るな!」と怒られたそうです。
今の時代なんでも薬・薬で免疫が出来るどころか
弱い体になってしまいそうですね。

SESOちゃん、ありがとうございます。



SESOちゃん、こんばんは(^^)


なるほど!
健康カウンセラーさんの二つのポイント
すばらしいですね。

SESOちゃんは、若い方なので、
血管は、たぶん、やわらかいだろうと思います。

体温をあげるには、自然な筋肉をつけるのが
いいかもわかりませんね。



私自身も知らないことばかりなので、
これからも、本等から学んでいきたいと思っています。


SESOちゃん、コメントありがとうございました(^-^)

NON姉姉さん、ありがとうございます。


NON姉姉さん、こんばんは(^^)


なるほど、同感です。
なるべく、薬は飲まずに自然治癒するのが
一番安心ですね。

もしも、風邪を引かれたときは、
あたたかくして、上手に風邪を
経過させて下さいね。

NON姉姉さん、
コメントありがとうございました(^-^)


優さん、ありがとうございます。


優さん、こんばんは(^^)


野口先生によりますと、
風邪には、体のアンバランスを整えたり
弾力を取り戻したりという効用が
あるみたいですね(^^)

優さんの場合は、その岩盤浴が風邪のかわりに
体の調整を担っているのでしょうか?
興味深いですね。


もしも、今後、運よく
風邪を引くことができましたら、
体をあたたかくして、上手に
風邪を経過させるようになさって下さいね。


優さん、コメントありがとうございました(^-^)


コットンさん、ありがとうございます。


コットンさん、こんばんは(^^)


おっしゃるとおり、風邪をひいても
こじらせずに自然治癒できるといいですね!


おお!
温めて休んだら、すぐに風邪が治りましたか。
上手に風邪を経過させましたね!

風邪をひいたら、水分をとって
あたたかくして休むのがいいみたいですね。


コットンさん、
コメントありがとうございました(^-^)


そらまめさん、ありがとうございます。



そらまめさん、こんばんは(^^)


風邪をなかなか引かないということは
体の偏りなどがたまっておられたの
かもわかりませんね。

ですから、風邪をひかれると、
風邪が体の調整をするのに時間がかかって
いたのかもわかりません。

これは、あくまでも、私の勝手な仮説ですので、
聞き流して下さいね(笑)


今度、もし、風邪をひかれましたら、
水分をとって、体をあたたかくして
お大事になさって下さいね。


そらまめさん、
コメントありがとうございました(^-^)


NaNaKoちゃん、ありがとうございます。


NaNaKoちゃん、こんばんは(^^)


そうなんです。
風邪は、自然な流れで
体を経過させていくのが
いいみたいですね(^-^)


うんうん、よくわかります。
次の日が仕事だと、早く治したいですよね。


野口先生も、よく風邪をひかれたそうですが、
大変上手に風邪をひかれるので、
風邪をひいても、40分から2時間くらいで
すぐに治ったそうですよ。(P28)
ビックリですねo(^▽^)o


風邪を上手に経過させるコツについて
いろいろと書かれていましたので、
もし、興味がおありでしたら
本書を読んでみて下さいね。

大変有名な本ですので、
どこの図書館にも、
たいていはあるだろうと思います。


NaNaKoちゃん、
コメントありがとうございました(^-^)


みっきーさん、ありがとうございます。


みっきーさん、こんばんは(^^)


そうですか。
先月インフルエンザにかかられたのですね。

インフルエンザになると、高熱が出たりしますので、
体を浄化するチャンスですよね。

インフルエンザではありませんでしたが、
私も、高熱が出て、これは浄化のチャンスだと思って
うれしかったのを覚えております。


水素の記事、読ませていただきました。
大変有力な健康面での情報だと思いました。

貴重な情報をシェアしていただき、
ありがとうございました。


みっきーさんのコメントの最後のジョークに
つい、笑ってしまいましたよ('▽')♪


みっきーさん、
コメントありがとうございました(^-^)




青空さん、ありがとうございます。


青空さん、こんばんは(^^)


昔は、良いお医者様が多かったですね。

風邪そのものに効く薬はないのに、
なぜか風邪になると、薬を飲む人が
おられるのですね(>_<)

野口先生のおっしゃるとおり、
風邪を上手に経過させると
体の弾力を取り戻すことができるのであれば、
風邪というチャンスを大切にしたいものですね。


青空さん、
コメントありがとうございました(^-^)

こんにちは☆

坊主おじさまが以前も風邪の効用についてお話して下さいましたが…
今回も嬉しい風邪の効用ですね(^_^*)

もう、私は二度と風邪薬飲まない事でしょう(笑)

風邪自体ひかなくなったのですけどねΣ(゚д゚lll)苦笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kobuchoroさん、ありがとうございます。


kobuchoroさん、こんばんは(^^)


アハハo(^▽^)o
そうですね。
今回も、うれしい風邪の効用ですね。

私も、風邪薬は飲みたくないですね。

この前、熱が出た時は、
これで浄化することができる
なんとありがたいことかと
すごくうれしかったですもの(笑)

風邪は、自然に経過させるのが
いいですよね。


kobuchoroさん、
コメントありがとうございました(^-^)

鍵コメ、Iさん、ありがとうございます。


鍵コメ、Iさん、こんばんは(^^)


あらら、そうですか(>_<)

花粉症がきついのですね。

花粉症の症状がいつの間にかなくなった
という体験談をみっきーさんのブログで
読みましたので、ひとつの参考にされたら
いいかもわかりませんね。

みっきーさんのブログの記事は
こちらです。

 http://ameblo.jp/mickey-c-blog/entry-12256734269.html


鍵コメ、Iさん、
どうかお大事になさって下さいね。

No title

ほとんどの人は生きていくために仕事を抱える
そうなると時間に余裕がないため、風邪なんかひいてられない、薬だ医者だ、ってなりますからねぇ
弾力うんぬんの話を聞いて実行にうつせる状態にある人は、
そもそも体調管理ができていて風邪をひかないかもしれませんね

てかとさん、ありがとうございます。


てかとさん、こんばんは(^^)


みなさん、仕事をかかえて
お忙しいですものね。

てかとさんのおっしゃること
よくわかります。

コメントありがとうございました(^-^)

ただただ、記事に感謝です♡

坊主おじさま、おはようございます ヾ(*´∀`*)ノ

まず初めに・・・
おじさまがこうして
野口整体の野口先生の図書を
先月、今月と取り上げて下さったこと、
しかも、
先生の考えの本質を、
いつものように本当にわかり易く
ブログ記事にして下さり
心より感謝申し上げます m(_ _)m


私の今回の記事は、
野口晴哉さんをご紹介された
坊主おじさまのお陰で出来上がった
と言っても良いほどです。

「風邪は病気というよりも、
 風邪自体が治療行為
 ではなかろうかと考えている。」


この考え方に心底、共感しております。

27年前より家族ごと、おじさまと似て、
“いわゆる風邪薬” は服用せずに来ました。
風邪薬に頼らないということは
多くの人にとって、
複数の理由で受け入れにくいこと
のようだと感じることも多々ありますが・・・

「風邪をひく度にますます丈夫になる治し方」
みたいな説明の仕方をすると
「よし、次からは!」
となり易いような気がしていました。

た〜〜〜っぷりの睡眠と
たっぷりのお湯と生姜湯
(Kobuchoroちゃんや娘は大根ハチミツ?)
などだけで
(私は初期にS先生の風邪の“漢方”を
 一度だけ飲みますが・・・)
熱も出たいならたくさん出させてあげて
まさに先日の坊主おじさまのようにして
風邪を乗り切ることができれば、

「カラダが風邪をひく前よりも
 ベターな状態に軌道修正された!」

と、本当にそのように実感しますね。

特に子供の場合は、乗り越え方次第で
カラダの丈夫さに次第に差が出て来るのを
目の当たりにしたことがありました。
度重なる風邪薬で神経がやられてしまい
赤ん坊でもないのに
おねしょが止まらなくなったり・・・ (Ö)"
 

風邪の度にカラダが弱くなることや
反対に丈夫になる人体の仕組みが、
坊主おじさまのこのブログで
ほんとうに良く理解できました。

夫はかつて、動脈硬化の研究
ばかりしていたのですが、

「血圧が低くなるというよりは
 血管が柔らかくなってくる。」


は、まさに「血圧と血管の関係の真理」のようで、
ほんとうに素晴らしい記事に仕上げて下さり
感動しながら読ませて頂きました。

「風邪は病気というよりも、
 風邪自体が治療行為
 ではなかろうかと考えている。」


これは、名言中の名言です。

周りの方にもこのように
説明したいと思いました。
今後風邪の話をするときには
この言葉を忘れずに伝えたいと思います。
おじさまのお陰で、
ほんとうにたくさんの知恵を頂いています。

改めまして出会いに感謝の思いです╰(*´︶`*)╯

No title

上手に風邪をひくですか・・・
こりゃまた無理難題を(笑)

でも、風邪はひきたくなくてもひくものなので、
その時はこうした知識は大いに役立ちそうです。

西洋薬に頼らずに治していきたいですね。
でも今の社会すぐ風邪を治さないといけないという、風邪くらいで会社を休むなという風潮が無きにしも非ずですから、その辺の兼ね合いを上手に行っていきたいと思います。

ご紹介ありがとうございます。

HeartLibertyさん、ありがとうございます。


HeartLibertyさん、こんにちは(^^)


野口先生の本は、天才治療家として
患者さんの体を徹底して観察された
ご経験からほとばしる言葉で
満たされていますので、
本当に勉強になりますね。


風邪が病気ではなくて
治療行為であると見抜かれた
野口先生の慧眼は、本当に
すごいと思います。


野口先生の考え方に共感されていて
さすが、HeartLibertyさんだなぁと
思いましたo(^▽^)o


HeartLibertyさんも、よくご存知のとおり
風邪自体に効く薬は、存在しませんよね。

熱を下げる、セキを止める等のいわゆる対症療法
の薬しかないのが現実です。

ところが、風邪の諸症状は、全部大切な意味が
あって起こっているので、薬でおさえない方が
体にいいですよね。


皆様、お忙しいので、つい風邪薬を飲んで
しまわれるのかなと思いますが、
こればっかりは、その方の生き方なので
私からは、何とも言えません。

そんなヒマはありませんと
言われれば、あぁ、そうなんですね
と言うしかありません。


ただ、私は、ブログで、野口先生の本が
存在し、野口先生の考え方をチラリと
紹介するだけです( ^ω^; )


それにしても、
野口先生のレベルになると
風邪をたった2時間くらいで
経過させてしまうみたいで
ビックリしました。(P28)

野口先生は、風邪を上手にひく
達人でいらっしゃいますね。


HeartLibertyさんにしても
kobuchoroさんにしても
風邪を上手に経過させるコツを
よくご存知なので、すごいなと
思っていますo(^▽^)o


HeartLibertyさんのおっしゃるとおり
これから伸び盛りの子どもさんに
風邪薬を飲ませるのは、よく考えた方が
いいですね。



そうですか。
旦那様は、動脈硬化の研究をして
おられたのですね。

でしたら、よりいっそう
野口先生の慧眼には、
共感されることでしょうね。




HeartLibertyさん、こちらこそ、
HeartLibertyさんからは、
たくさんのことを学ばせて
いただいておりまして、
大変感謝しております。

今後とも、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>



HeartLibertyさん、
コメントありがとうございました(^-^)

節約ドットコムさん、ありがとうございます。


節約ドットコムさん、こんにちは(^^)


アハハo(^▽^)o
無理難題とは、正直なご感想を
ありがとうございます。


確かに、無理難題に感じられるかも
わかりませんが、野口先生の本には
風邪を上手に経過させるコツが
いろいろと書かれているんですよ。

私のブログでは、少ししか紹介して
おりませんが・・・( ^ω^; )



風邪は、人間の体の偏り疲労を
調整するような効用があるみたいですので、
できれば、諸症状を自然な流れで
上手に経過するようなコツを身につければ
健康管理に大いにプラスになる
かもと思っております(^^)


私自身、もし、風邪をひくチャンスが
あれば、自分の体で、いろいろと
実験してみようと思っております(笑)


節約ドットコムさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

坊主おじさん、こんばんは。

上手に!!風邪を引く。
ここがポイントですね。

以前はよく風邪をひいていたのですが
ここ数ヶ月全く風邪を引くことなく
過ごせており、喜んでいたのです。

でも、喜んでる場合でもないですね(^^;
弾力が回復することがない•••!!

なんと数日前から風邪気味です。
弾力を戻すチャンス到来ですね。
ポイントを外さないように上手に、ですね。
気になる一冊です!!


Ichiさん、ありがとうございます。


Ichiさん、こんばんは(^^)


おお!
なんと、数日前から風邪気味ですか。

もし、風邪をひくことができましたら、
こじらせないように、上手に
風邪を経過させるように
なさって下さいね。


上手に風邪をひくコツは、
この本にいろいろと書かれて
いましたよ('▽')♪


Ichiさん、
コメントありがとうございました(^-^)

No title

上手に風邪をひいて☆上手に経過させるのですね!結果、嬉しい弾力が(#^.^#)
ひどくなると厄介なので、早めに市販の風邪薬を飲んでました(^_^;)身体を強くするためにも、上手に風邪をひこうと思います☆難しそうですが(#^.^#)

アンジュままさん、ありがとうございます。


アンジュままさん、こんばんは(^^)

そうなんです。
風邪を上手にひいて
上手に経過させることが大切みたいですね。

もし、風邪をひかれましたら
水分をとって、体をあたたかくして
ゆっくりとお休み下さいね。


アンジュままさん、
コメントありがとうございました(^-^)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ、Iさん、ありがとうございます。


鍵コメ、Iさん、おはようございます(^^)


おお!
「風邪の効用」などの本を
借りられたのですね!

そうなんです。
けっこう古い本なんですよ。

でも、内容は、野口先生の治療経験から
書かれているものですので、
けっこうおもしろいのではないかと
思います。

どうかじっくりとお読み下さいね。


やさしいお言葉
ありがとうございます。

しばらく、お休みさせて
いただきますね。

また、再開しましたら、
よろしくお願いします(^○^)/


鍵コメ、Iさん、
コメントありがとうございました(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坊主おじさん

Author:坊主おじさん
ご訪問、ありがとうございます。
本や映画が好きなおじさんです。
気になった本の紹介等しています。

私の提供した情報は、鵜呑みに
されることなく、ぜひご自分自身で
よく考え、自己責任で判断なさって
下さい。特に健康に関することは
信頼できるお医者様とよく相談
なさって下さいね(^^)

リンク、大歓迎です(^○^)/
どうぞよろしくお願いします 。

このブログをリンクに追加

ユニークアクセス数